riboni5235’s diary

英国庭園、ミュージカルファン、親子・ペアのアメショー3匹と暮らしています.バラ栽培アンティークも大好きです。よろしくお願いします!

<span itemprop="headline">寺島しのぶさん、おめでとう~♪</span>




第60回ベルリン国際映画祭の授賞式が21日(現地時間20日夜)開かれ、若松孝二監督の映画「キャタピラー」(今夏公開)に主演した寺島しのぶ(37)が、最優秀女優賞を受賞した。日本人では35年ぶり、3人目の快挙。舞台公演のため帰国していた寺島は大阪市内で会見し「マネジャーと抱き合って覚えてないくらい興奮した。舞台があるのに一睡もしていません」と喜びを爆発させた

キャタピラー、早く観たいですね。
goo映画
 第60回ベルリン映画祭で15日夜(日本時間16日午前)、若松孝二監督のコンペティション作品「キャタピラー」が公式上映され、会場には若松監督と主演の大西信満さんも出席した。

  現地時間2月15日、第60回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に選出されている映画『キャタピラー』の記者会見が行われた。記者たちからの戦争をめぐっての問いに、若松孝二監督と主演の大西信満が真剣に答えた。


 本作では、四肢を失い、顔にも火傷を負って戦場から戻る久蔵(大西)と妻シゲ子(寺島しのぶ)の二人のシーンがほとんど全編を占める。村民から“軍神”として敬われる久蔵だが、食べて寝てセックスするだけになった夫の面倒を見るシゲ子は、表向きは“軍神”の妻らしく振舞いながら、夫をイモムシと呼んでしまうほどの鬱屈(うっくつ)も秘めている。
 
 四肢を失った主人公という設定は、映画化もされた『ジョニーは戦場へ行った』や江戸川乱歩の小説『芋虫』など、これまでにも登場してきたものだが、若松監督は「実は12日間で撮っているんですよ。『実録・連合赤軍あさま山荘への道程(みち)』でかかったお金がまだ穴埋めできていない。それでも、気持ちがさめないうちに作りたかった。戦争では、女性や子ども、普通の人々が一番の被害者だということを少ない予算で表すのに、こういう形になった」と内幕を明かし、「レバノンで死体の山を見た。戦争は人殺しだ、正義の戦争なんてない。広島、長崎では30 万もの人が死んだ。日本は、それを忘れて、軍拡に向かっている」と訴えた。若い大西も「僕も、僕の親さえも戦争を知らないのですが、だからこそ勉強しなくてはと思います。本作では、特殊な人間ではなく、その当時の普通の人、国に忠義を尽くそうとした男を演じようと思いました」とコメントした。

四肢を失った帰還兵と言えば ジョニーは戦場へ行った を観ました。戦争を賛美する方には前線に行ってもらうとか、自分の子供を戦場へ送ってほしいです。

寺島しのぶ 琉球の風 (1993年、父の尾上菊五郎尚永王役、また母の富司純子尚永王妃役で共演し、配役のうえでも親子を演じた。 ) 尚寧王妃役で観た時、「気の毒に親の七光か、お母さんは奇麗なのに」なんて思ってしまった。

文学座で勉強し玉三郎の96年のふるあめりかに袖はぬらさじに出ていたがまだピンとこなかったのが、


赤目四十八瀧心中未遂(2003年)で本当に感心した。お母さんには反対されたと言うが映画の内容がいいので。
寺島が原作読み読者カードに書いて映画を熱望したようだ。

ヴァイブレータ (2003年)も評判高い

高倉健の単騎千里を走る(2006年中国の人との温かい交流描く。お勧め)にも出ている。
大河ドラマでも龍馬の姉を熱演してますね。

書く女(2006年)のあの長いセリフ。見事でした。

永井愛の歌わせたい男たちに感心して観た舞台です。
書く女で樋口一葉のイメージが変った。
桃水にお汁粉作ってもらう頼もしい一葉でした。
美しくご立派になられました、寺島しのぶさん、おめでとう!

私生活
爆笑の舞台でした。


再び実録・連合赤軍あさま山荘への道程
受賞作の夫役はこの映画で坂東國男を演じた大西信満
大西さんは赤目四十八瀧心中未遂で各新人賞受賞。

検索していて「彼女たち」の連合赤軍サブカルチャー戦後民主主義 (角川文庫) (文庫)という本があるのを知りました。その表紙は豊田美術館で近代の東アジアイメージ展で観た美しい旗だったのでびっくり。

私はこの受賞を新聞の一面で最初に観ました。その後朝7時のニュース観てもなかなか出てこない、以前アメリカで活躍する野球選手の指の怪我は何回も第一ニュースだった!

寺島は左幸子田中絹代に続く35年振りの受賞なのに。