読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

riboni5235’s diary

英国庭園、ミュージカルファン、親子・ペアのアメショー3匹と暮らしています.バラ栽培アンティークも大好きです。よろしくお願いします!

<span itemprop="headline">国がかってに老人の基準をつくるな。沢田研二の腐肉今だ力がある!「准高齢者の沢田研二」正月ライブで歌詞忘れ土下座  反骨精神大好き!子どもの頃父が沢田研二を「退廃的な人間ダメ」とテレビを消された。</span>





 歌手沢田研二(68)が8日、東京・NHKホールで「正月ライブ2017祈り歌LOVE SONG特集」を行った。

 ザ・タイガースリードボーカルとしてデビューから2月で50周年を迎える。その間シングルだけでも150曲以上を出しているが、「夏から全国60カ所以上の50周年記念ツアーでワンコーラスだけど50曲やる」と宣言した。ワンコーラスだけの宣言に客席からは「え~」の声が上がったが、「もう体力的に無理。考えに考えに考えてこれしかない」と話すと客席から拍手が起こり「腐っても鯛でっせ!」と気合を見せた。

 毎年恒例の正月ライブだが、今年は東日本大震災以降発売の震災や原発をテーマにした曲だけで構成された。オープニング曲のイントロが流れると観客は総立ち。2曲目終了後「准高齢者の沢田研二です」とあいさつ。「世の中余計なことを考える人がいて、老人だと思っていたら急に老人じゃないなんて言われるとね」と日本老年学会、日本老年医学会が5日に発表した65~74歳を准高齢者、75歳以上を高齢者と位置づけた提言に苦言を呈した。

 コンサート途中では「忘れちゃった」と歌詞を忘れてしまい「何事も無かったようにもう1度やらせてもらいます」と再演奏。歌唱後無言で土下座をするシーンもあったが、50周年を前に全22曲中18曲を連続で歌うパワフルさを見せつけ、集まった約3600人のファンを魅了した。


沢田研二 ライブで「高齢者の定義」にもの申す 准高齢者に高齢者「ほっといて!」
 歌手の沢田研二(68)が8日、東京・NHKホールで、毎年恒例の正月ライブの初日公演を迎え、50周年イヤーをスタートさせた。1967年にザ・タイガースでデビューして半世紀。新曲「ISONOMIA」(3月11日発売)の初披露などで深みが増した歌声を響かせ、ジュリー節もオープニングからさえ渡った。1曲目の「福幸よ」に続きファン3600人に新春あいさつを終えると、日本老年学会が年明けに見直しを提言した『高齢者の定義』に物申した。

 「74歳までが准高齢者で、75歳からが高齢者…ほっといてぇな!老人と思ってるのに、急に老人じゃないと言われた。若い人が何とか年寄りをボランティアで使おうという、魂胆が見え見え。准高齢者という新しい種族にたてまつられたようです」。来年には古希のベテランが、元気いっぱいに自虐ネタを放った。

 デビュー50周年は精力的に活動予定で、7月から半年かけて60カ所以上を回る記念ツアーを発表。「50曲という数字にこだわりたい。1コーラスずつにする。それしか手はない。皆さん、(曲の)2番は分からないでしょ!?」と“メモリアルプラン”を打ち明けた。5月からは音楽劇「大悪名」の全国公演も控えており、パワフルに節目を駆け抜ける。


転載元: 北海道は素敵です!!