読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

riboni5235’s diary

英国庭園、ミュージカルファン、親子・ペアのアメショー3匹と暮らしています.バラ栽培アンティークも大好きです。よろしくお願いします!

<span itemprop="headline">え、これが鶯!</span>


え、これが鶯?色がこんなに地味ですか。鶯色と言うのに。
ウグイス(鶯、学名: Horornis diphone)は、スズメ目ウグイス科ウグイス属の1種である。
「ホーホケキョ」と大きな声でさえずる。日本三鳴鳥の1つ。山梨県福岡県の県鳥であり、日本の多数の市町村などの自治体指定の鳥である。

メジロとの混同[編集]


この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

梅にメジロ
日本では、ウグイスとメジロは混同されることがよくある。いわゆる梅にウグイスという取り合わせが花札をはじめ、よく見かけられるが、実際には梅(沖縄では緋寒桜)の蜜を吸いにくるのはメジロであり、藪の中で虫を食べるウグイスはそのような姿で見かけられることは少ない。「ウグイス色」というとメジロの体色のような鮮やかな色を連想する人も多いが、JIS慣用色名に定められているウグイス色は茶と黒のまざったような緑色をしている。この色を鶯茶(うぐいすちゃ)ともいう。実際のウグイスの体色は茶褐色であり、JISのウグイス色は、ウグイスの羽を忠実に取材した色である。メジロ#ウグイスとの混同も参照。
鶯色はこのような色である。
#918D40
鶯茶はこのような色である。
#6D5826

今日は温かく明日は雨で又寒いと言うので
はだか祭で有名な稲沢の神社、犬山焼きのギャラリー、お千代保稲荷荻須高徳記念美術館、
海津温泉に行きましたがその話は次回に。



メジロはつがいで行動するそうです~