読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

riboni5235’s diary

英国庭園、ミュージカルファン、親子・ペアのアメショー3匹と暮らしています.バラ栽培アンティークも大好きです。よろしくお願いします!

太陽の蓋上映会と西さん夫妻の動画

www.youtube.com

 

2011年3月の動画です、女子高生と西さん
 
みなさま   西英子です。
 
17日の夜は 金曜行動です。
 
中電本店前  18時~19時
 
3.11の原発ゼロ 名古屋行動の企画はすばらしかったです。
私は、11時頃に行って、ライブを聞きました。たこ焼き屋には行列
ができていました。
 
14時46分に黙とう、今年も「福島を忘れない」の思いを強くしました。
 
〇 あの日、日本は滅亡の危機に
 
6年前の3月11日14時46分 東日本大震災が発生。
福島第一原発が全電源喪失の事態に陥ったと伝えるテレビに私は釘づけ
になりました。
 
3月13日の新聞は『福島原発で爆発 初の炉心溶融』 『安全神話 吹き飛ぶ』
との大見出しで紙面を埋めつくしました。14日には『半径20キロ避難指示』が
出ました。
 
冷却装置を失った原子炉は温度が上がりつづける。東電は打つ手がない。
このまま、日本が滅亡するのではないかという危機感がありました。
チエルノブイリのような、最悪の事態になるのではと、私は怖かったです。
 
原発を推進してきた科学者たちは現状を判断できず、情報不足のまま混乱
を極める官邸、そして避難を急ぐ住民たち。
地震発生の翌日の3月12日午後、1号機が水素爆発。続いて14日3号機も水素爆発。15日には使用済み燃料が満載の4号機で火災発生。2号機は危機的状況
になっていました。
放射能汚染は茨城、栃木、東京方面まで拡がっていました。
 
 5月になってから東電は3月11日~14日には1.2.3号機ともメルトダウンしてい
たことを認めましたが、それまでは事実を隠していたのです
 
*(このときの「福島原発東京電力、官邸の動きは、3月26日に上映する映画
 『太陽の蓋』で再現されています。ぜひごらんください。この後に案内があります。
 
テレビにかじりついていた私は、背筋が寒くなるほどの恐怖感に襲われました。
福島で余震が続く最中に、静岡県富士市地震が発生し、名古屋でも揺れが
あり、浜岡原発を思ってたいへんな不安を感じました。
 
〇 浜岡原発の運転停止の署名を集める
 
私は夫とふたりで、3月中旬に「浜岡原発をただちに停めて!」の署名をネットで呼びかけました。
たくさんの人たちが、次つぎと転送してくださって、全国から賛同の署名が集まりした。海外に在住する日本人からも送られてきました。総数は4000人以上になりました。
 
ちょうど同じときに、名古屋の女子高校生たちも署名を集めていて、彼女たちと
いっしょに中部電力本店へ行き、「浜岡原発の運転停止を求める」要請書と署名を提出しました(これは私も一緒にいました)
そのあと、彼女たちと一緒に名古屋市役所と県庁にも要請に行きました。
 
その後、菅首相が5月6日に中電に「浜岡原発の全面停止」を要請しました。
中電はそれを受け入れたので、浜岡原発は全面停止になり、その後、動いていません。
 
今、私がこうして原発反対の運動をしているのも、女子高校生と出会い、一緒に行動したことが、大きなきっかけになっています
 
 
 
〇 福島の原発事故を再現した映画『太陽の蓋』上映会に来てください。
 
 映画 『太陽の蓋』は、昨年7月に名演小劇場で2週間上映されました。
 劇場上映の後自主上映は、資金などで大変厳しいですが、
 まだ観ていない人、もう一度観たい人、ひとりでも多くの人に観てもらい
 たくて、 今、私は一生懸命にチラシを配っております。
 
 この映画は「人間には核を制御できない」ことを強く訴えています。
 福島の原発事故はまだ何も終わっていません。
 6年前に起きた原発大惨事を忘れないために、そして二度と繰り返さないために、
 この映画をぜひ観ていただきたいです。
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
3/26(日)映画『太陽の蓋』上映会
                       3.11の日本のメディアの報道は真実だったのか?
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

日時/ 3月26日(日)13:30~16:15(上映時間130分)

場所/ イーブルなごや(女性会館)3階ホール
     地下鉄 「東別院」1番出口東へ3分

映画/ 『太陽の蓋』上映会
    地震国にいっぱい原発を造った人たちは、事故の責任を取らないばかりか、
    事実を正確に伝えていない。
         この映画で語られた事実は日本のメデイアが伝えてきたものと大きく違う。
    真実に一番近い情報を元にドラマとして構築した。 
    モンスターである原発をコントロールしょうとすることは、太陽に蓋をしようと
    することと同じ。人間には不可能である。

参加費/1000円(原発事故避難者は無料)

主催/ 上映実行委員会  問合せ 西英子(052)-808-3241 

 
〇 安倍首相は「原発事故はすでに収束した」と考えているのでしょうか
 
(3月14日の朝日新聞の記事から)
3月11日の政府主催の東日本大震災の追悼式の式辞の中で安倍首相は
原発事故」という言葉を使っていません。このことについて福島県の内堀知事
は記者会見で次ぎのように指摘しました。
 
「県民感覚として違和感を覚えた。 原発事故は過去形ではなく現在進行形の
災害だ。 原発事故、原子力災害という重い言葉は欠かすことができない」と。
 
被害者への賠償打ち切り問題、原発輸出、オリンピックなどを考えて、事故は終わった!
福島は復興したと言いたかったのでしょう。
 
 
 
〇 原発再稼働に反対の世論は多数。 
  
  (14日の毎日新聞から)
  11日と12日に調査した全国世論調査によると
 
  原発再稼働反対が55%と賛成が26%を大きく上回っていました。
  安倍内閣支持層でも反対が賛成より多かった。
 
  (14日の朝日新聞から)
  
  原発再稼働反対が54%と賛成が26% でした。
 
  さらに、民進党蓮舫代表が、電気労連などの反発を受け、原発を「2030年」
  にゼロにする方針を「2030年代」にゼロに変更した点について、
  
  評価しない 50%  評価する 25%
  
  と、世論は原発ゼロを早く実現することを望んでいることがわかりました。