読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

riboni5235’s diary

英国庭園、ミュージカルファン、親子・ペアのアメショー3匹と暮らしています.バラ栽培アンティークも大好きです。よろしくお願いします!

バラに蕾が~白龍様、コースター展

昨年バラに蕾を見つけたのが3月17日で、紫のクリスマスローズも咲いていたのに、今年はやはり寒い!やっと蕾見つけました。
 
イメージ 1
 
水仙もやっと2輪
右の黄色の花はクリサンセマム、アップライトイエロー
 
イメージ 2
 
 
ジャスミン、隣はバラアンジェラ
 
イメージ 3
 
右上に竜パパがいます。
 
近所の何十年も空き家だったところが工事を始め、木々も切り倒されたせいか、うちにもメジロが来なくなりヒヨドリしかきません。
巣を壊されたのでしょうか。
 
イメージ 4
 
図書館で展示、今回はコースターです。
立派なパンフ頂きました。
この話は次回に。
 
イメージ 5
 
確かこの門が鶴舞公園動物園の跡。
 
イメージ 6
 
図書館付近、鶴舞公園椿や梅、鶴舞公園も改修が始まり
フェンスで囲われています。
 
イメージ 7
 
引用です。
名古屋市昭和区曙通にて

私が通った小学校のそばに鎮座まします白龍様です。
小学生時代はずいぶんと怖かった印象がありますが、今でも充分怖いです。
白蛇を白龍様として祀る風習は、尾張~美濃地方の農村に広く存在しますが、そのほとんどが雨乞い&治水、つまり、水の神様としての奉賛です。
このリアリズムの白龍様が作られたのは、おそらく江戸時代です。
このあたりは、今でこそ、都心スプロール現象が進むシャッター商店街ですが、江戸時代には名古屋城下を遠く離れた、狐狸が徘徊する長閑な田園地帯だったと思われます。
曙通界隈から田んぼが消えて50年以上が経ちますが、白龍様は水が枯れないよう、暴れないよう、今なお監視を続けています。
    
 
寒いせいか、毎日のように痛いところが変わります。
突然肩が痛くなあっと思ったら、胸に変わり、今度は右腰、すべて体の右半分です。
リハビリで余計痛くなったことも、www