読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

riboni5235’s diary

英国庭園、ミュージカルファン、親子・ペアのアメショー3匹と暮らしています.バラ栽培アンティークも大好きです。よろしくお願いします!

泣かせる吉右衛門玉三郎吉野川と「そして誰もいなくなった」

イメージ 1
 
昨年9月の上演されたこの歌舞伎がテレビ放送されました。
あまり上京したくない、できないので嬉しい
でもとても哀しい話です。
 
歌舞伎もマイクなしです、玉三郎菊之助の台詞がよく聞こえます。
 
 
権力者のために愛する子供たちを殺すことになる親たち、
一見、ロミジュリのようなのですが。
 
両花道に、2つのお屋敷の真ん中に吉野川が流れ
 
娘の家にはひな人形が飾られています。
 
歌舞伎の舞台は華やか
 
親たちが両花道を桜の枝を持って登場。
 
どちらの親も一人でも子供は助けたいと思う。
 
冒頭は萬屋の梅枝、萬太郎兄弟が腰元で笑わせる。
源氏物語の覗きのよう。
 
玉の輿などけがらわしいと。
 
 
 
入鹿の時代ですがこの舞台では江戸時代の装束
 
入鹿はこの時代は悪役、
 
子殺しの話は生まれた子供を死なせた事からなのか。
 
ひな人形の道具や犬張り子を流す場面は涙なくては
観られません。
 
お家騒動や忠臣蔵などは鎌倉時代にするなど
お上の追及をはねのけようとする。
 
 
 
 
2晩続けてアガサクリスティの「そして誰もいなくなった」が放送されました。渡瀬恒彦の最後の作品でしょうか、しかも肺がんの役
 
渡瀬さんは手術はしないで抗がん剤放射線治療、気功等もやっていたそうです。
3月に病状が急変し亡くなられました。皆行く道です。
 
 
最後の場面で元名古屋大学の女子大生を思い出しました。
 
「人間を殺したい」
勾留中も「拘置所の職員を殺したい。弁護士でもいい」と、
サイコパスでしょうか。
こんな人がいるんですね。恐いことですが故意に戦争や原発事故で殺すのとは違う。
一人殺せば殺人犯、戦争で相手を殺せば勲章、チャップリンも思い出します。
 
ドラマは録画してCM飛ばして見ましたがそれでも長い!
 
まだ終わらないとのと思いつつ、止められず、さすがアガザ、
上手いですね。
深夜まで見てしまいました。お陰で今日は朝寝坊。
いつも10時前に寝てしまうのに。
 
そして誰もいなくなった」は山口祐一郎の舞台版観ましたが覚えていません、結末などすぐ忘れてしまいます
 
こういうドラマには立派な建物やアンティークは欠かせませんね。
あの屋敷は東京の有名な建築?
 
沢村一樹の刑事が直角に曲がるところはシャルウィダンスの竹中直人
みたい(笑)

 
あのお屋敷は鎌倉の扇谷の古我邸です、レイア姫さんありがとうございます!