読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

riboni5235’s diary

英国庭園、ミュージカルファン、親子・ペアのアメショー3匹と暮らしています.バラ栽培アンティークも大好きです。よろしくお願いします!

バラ、ソニアリキエルの蕾が開き始めました~

暑かったり寒かったり春は気まぐれですね。
バラソニアのつぼみが開きはじめました。
 
 
 
この「ソニアリキエル」はバラ友が挿し木した苗木を頂き、私も更に挿し木したものです。
 
強いバラのようで、環境の悪いベランダで、茂っています。
 
勿論地植えもフェンス乗り越えてしまいます。
 
ソニアは枝が暴れます
同名オートクチュールへの「捧げ物」。
琥珀色を少し含むコーラルピンクのクォーターロゼット咲き
枝はしなやかに伸びる。ショートクライマーとしても楽しめる。
ジェネロサシリーズの代表作。 ←

1995年   フランス   Guillot Massad 
系統  S シュラブ
交配  [Yellow Cushion × Aloha ® (hybrid tea, Kordes, 1999) ]×
[Chaucer × Aloha ® (hybrid tea, Kordes, 1999)] × [Iceberg (floribunda, Kordes 1958) × Seedling]

花色  ピンク
花形  クォーターロゼット咲き
花径  大輪
芳香  超強香  ★★★★★
開花  繰り返し咲き ★★★☆☆
樹高  1.5m
 
 
↑借物画像 皆同じソニアさん。
 
 

ブランとソニア、ブルームーン、2014年の画像
 
 
ブランのみなぜかこの愛・地球博モリゾーのぬいぐるみが好き。
 
飛んで行って遊ぶ時もあります。
パパ猫もサッカーするようにおもちゃ転がしたり投げてくれと
言いますが。
飛びついて又持ってくることが出来るのはパパだけ。
 
 
 
 
咲き始めは変な色のチューリップと思いましたがボタンの花のようにも見えます。
 
 
火曜日に足助と猿投温泉に行きました。
足助は枝垂れ桜と花桃一緒に咲いてました。
初めて自然薯のお店にも入りました。
又ご覧くださいね。