読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

riboni5235’s diary

英国庭園、ミュージカルファン、親子・ペアのアメショー3匹と暮らしています.バラ栽培アンティークも大好きです。よろしくお願いします!

なんじゃもんじゃと憲法前文はラブソング♪

  • twitterでつぶやく

  • 0

 

イメージ 1
 
思いがけずナンジャモンジャの並木道が真っ白になっていました
 
イメージ 2
 
借物画像
 
なんじゃもんじゃ. (一葉たご(ひとつばたご))
Chionanthus(チオナンサス)は
 ギリシャ語の
 「chion(雪)
  + anthos(花)」が語源で、
 白い花のかたまりを
 雪にたとえた。
 学名 C へ
 
日本において本種は希少種のひとつであり、絶滅危惧II類(VU)環境省レッドリスト)に指定されている。天然での分布域も狭く、長野県愛知県木曽川流域、岐阜県東濃地方および長崎県対馬市に自生しており、それぞれの県のレッドデータブックに掲載されている。長野県および愛知県では絶滅危惧I類岐阜県および長崎県では絶滅危惧II類に指定されている
 
イメージ 3
 
 
 
 
昨日の憲法記念日の集会はいつもの名古屋市公会堂が改修工事のために
 
 
昔熊哲と舘形 比呂一(たてがた ひろかず)のダンスショーを観ました。
舘形 比呂一は舞踊家、振付家、俳優でTHE CONVOY(ザ・コンボイ)のメンバー
 
公演は元中国大使・前伊藤忠商事会長の丹羽宇一郎氏。
 
きたがわてつ氏の妹さんが伊藤忠に勤務したら
丹羽さんにメールしてOKと
 
これは驚きですね、風通しの良い会社だったでしょう。
 
丹羽さんは名古屋大学法学部卒業
 
武器を会社の取引業務の対象にすべきでないと
若い商社マンをいさめた
 
これは素晴らしい
 
社長就任中には、同社の関連会社であるファミリーマート吉野家の弁当を自ら購入し昼食を済ませ、出勤には、運転手つきの自動車などを使用せず、社員の目線に立つために電車を使用していた。
 
「日本に帰国して驚いたのは皆さんが勇気ある発言をしない。思っていることを言わない空気を感じた」と指摘。「中国は自然の空気は悪い。日本はもっとたちの悪い空気だ。どっちが本当に国民が幸せなのか」とも発言した
 
愛知憲法会議事務局長
本秀紀名古屋大学教授は
 
「イギリスのEU離脱、アメリカのトランプ政権の誕生など
まさかと思う事態が続き、ヨーロッパでも排外的な主張を掲げた
政治勢力が台頭。
 
このような不安な情勢の中で
 
国家の利害でなく一人ひとりの命と暮らしを大切にする日本国憲法
解決の方向性をさし示しているのではないか。」
 
第二部は
「激動の世界の中 国の行方を憂う」
 
丹羽さんはリベラルな話をされ
「中国は多くの留学生を世界に送り
そのほとんどが帰国している。
 
日本は留学生が少ない。
 
名古屋はぬるま湯で学生は外へ出ていかない
これでは困る。
親は子供を留学させなさい。」と。
 
今は大学の学費を出すのも困難な時代ですが。
 
 
イメージ 4
 
緞帳です。
 
舞台のグランドピアノに
大きな横長のお花のアレンジが綺麗でした
 
一部は先にご紹介したようにきたがわてつさんの
 
「世界に届け!愛と平和のメッセージ」
 
ギター 洪 栄龍
ピアノ 小林康浩
 
曲目
 
「ローズ」「千の風となって」「まつり」
「自由よ!」「二十五条」
「私を褒めてください」「日本国憲法前文
ヒロシマの有る国で」「ケサラ」
 
迫力ありました。
 
「自由よ!」からは涙、涙
 
生まれた時から憲法に守られて
 
こんなに平和憲法を愛しているのだと思います
 
追記

もう何年も前に平和憲法はなくなると憲法集会で森教授が言うぐらいでした。でも今回も多くの方がこの平和憲法を支持してくれてほっとします。世界がうらやむこの平和憲法が奪われたらもう死にたくなるでしょう。
今朝の中日(東京)新聞投書欄でも現在80歳の女性の母が「9条をしっかり覚えなさい。戦死したお父さんたちの遺言だから決して手放さないように」と教えてくれたと有ります。