読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

riboni5235’s diary

英国庭園、ミュージカルファン、親子・ペアのアメショー3匹と暮らしています.バラ栽培アンティークも大好きです。よろしくお願いします!

バラピエールやご近所のクレマチス、可愛い看板、レトロな医院など

イメージ 1
 
フランスの詩人の名前を頂いたバラ
ピエール・ド・ロンサールとはバラの品種の1つ。メイアンのマリー・ルイーズ・メイアンが作出。フランス・ルネサンス期を代表する詩人、ピエール・ド・ロンサールにちなんで名づけられた。Wikipedia
 
イメージ 2
 
 
マンションに住んでいた頃植えたピエール、バーゲンで割りばし1本のようになっていた苗を植えたらぐんぐん大きくなりました。
 
イメージ 3
 
これもマンションに植えたERセントオルバン
何百と咲き、花殻取るのが大変でへとへとになりました。
ERは日本ではコンテナに収まりきれないほど大きくなってしまうので
しょうか。ベランダの鉢のセントオルバンは枯れたのに。
つるバラ以上に大きくなってくれましたが。
 
イメージ 4
 
今年はこの西側だけでなく、日があまりささない南側にも
沢山蕾付けてくれました。
 
南なのに隣が3回建てなので。
 
イメージ 5
 
 
満開過ぎて花びらが散ったものまで、バラは美しいと思いませんか。
パリの花屋さんでは花びらを撒くそうです、
先日の園芸番組でもバラの花びらをちらしていました
昨年と比べるとどのバラも大きくなっています。
 
うちではアブラハムダービーが一番よく咲きます。
 
 
 
イメージ 8
 
ジャスミンがあちこちで咲いてます。
マンションでも母に貰ったジャスミン植えたら
すごく大きくなりました。
今また苗で買ったジャスミンがまだ咲いてます。
 
イメージ 9
 
 
こんなグリーンだけも好きです。ブドウかな。
イメージ 10
 
 
内部も見学させてもらったことがあります。
ここのバラは減っています。上記に飛んでもらったら花盛りの様子がわかります。
 
プロらしき方が世話してるのを見かけたことがあります。
 
プロがやってもこの蒸し暑く虫も多い日本では難しいバラ
 
うどんこになっても当たり前と鶴舞の園芸家も言ってました。
 
バラは面倒と止めてしまう方もあれば親の代からのバラを育ててる方も知ってます。
 
丈夫なバラだけでも残ればいいのでは。
 
イメージ 12
 
 
イメージ 11
 
 
昔はここで診療されてたのでしょう。
大石蔵之助と同じ門がついてます。左の建物の壁。
 
この西でも古いレトロな医院があり毎年小花のツルバラ咲いてます。
もう随分前に閉院。
 
イメージ 13
 
猫がギター弾いてる
イメージ 14
 
 
イメージ 6
 
 
小鳥も来ないのにまだ餌台がある!
ヒヨドリは近くにいます。
 
今日もご覧頂きありがとうございます
イメージ 7