riboni5235’s diary

英国庭園、ミュージカルファン、親子・ペアのアメショー3匹と暮らしています.バラ栽培アンティークも大好きです。よろしくお願いします!

紅葉の旭山動物園、上川神社

 

 イメージ 1

 
 
 
 
 
 
残念な写真、スリスリしていました。
母子のアムールヒョウ、双子がもう1歳
 

 さすが旭山、猛獣たちを上から下から横から見られます。

東山動物園から来たおおかみやカバの説明もあります。ありがとう♪

 

 
 
 
 
 森林、草原が人間により破壊され、さらに
 毛皮や牙が狙われて絶滅…

 

 
 

やっと初めて旭山動物園に行けました、期せずして紅葉の北海道、

でも上天気で寒くまなくラッキーでした。

5回目の北海道ですが今回はたった1泊

 

9月の予定が今月14,15日になり、紅葉🍁が綺麗、ユキ虫がとんでます。
この神社には普通の狛犬だけでなく社殿に木の熊かあります。
 下は旭川空港のステンドグラス

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3 

 

万博公園の平和のばら園

  • twitterでつぶやく

  • 3

 

イメージ 1
 
 
太陽の塔の「黄金の顔」表情ありますね。
1992年には回数のために取り外された初代「黄金の顔」は
 
 
モノレール降りて坂道下ったっところ。
 
 
トレイン乗りたかったのですが。
 
 
 
 
「夜の顔」
 
平和のばら園
 
 
今年は台風、雨が多くバラには過酷、つるアイスバーグかな。
 
 
 
イメージ 8
 
小さなトピアリー
 
 
 
 
ローズマリーは元気。冬も咲いていいですね。
うちのはほとんど咲きません(泣)
噴水はどうなったのでしょうか
 
 
 
 
 
 
 
 
民芸館あくのを待っていた女性の傘が色合わせがお洒落だったので見せていただきました。ありがとうございます!
 
 
 
民芸館の中庭
 
 
民芸館のショップにももうほしいものがない…丁度いいです。
 

シャバーニとリュウの対決、双子のチンパンジー

www.youtube.com

砂丸めて持っているリュウをなだめるカズミサン、偉い

チンパンジーは砂を投げることが有りそうです

イメージ 1
 
10月6日室内のチンパンジーの双子の甘ったれのコエちゃん、もうリンゴ?食べていますね。
 
イメージ 2
 
 
こちらは活発なカランちゃん、ママからちょっと離れて冒険しています。
 
小さな双子をしっかり抱いてあやしていた頃から見ることができました。
 
 
カズミサン、観客を凝視
 
・生年月日 2017年10月21日
 
・父  親 リュウ  1997年2月20日東山動植物園生まれ
・母  親 カズミ  1986年12月19日熊本サンクチュアリ生まれ
 
カズミさんは優秀なママですね
動物園で双子をここまで育てたのは他に1例。
 
動物は生まれた子が小さい等欠陥があると育児放棄ツシマヤマネコのようにかじって死なせます。
 
人間に近いから?
 
人間も育児放棄する時ありますが。
 
勿論,飼育員さんもお手柄ですね。
 
双子の1歳の誕生日には何を貰えるかな、ほかの動物園のように野菜・果物ケーキでも作ってもらいたいですね、
差し入れあるかな。(自分は出来ないくせに
イメージ 4
 
指が綺麗。
 
イメージ 5
 
得意顔かな。上にいるのがパパのリュウ
 
 
 
 
イメージ 8
 
後ろ姿も愛らしい。
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
おっぱいもらってるコエ
人間と違い3年も乳をのみ、はじめから親に抱きつくことができる。コアラなどあんなに小さく生まれても自力でママの袋に入るのですから驚異
 
 
泣いてるわけじゃないよね。
 
 
 
お兄ちゃんの
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
場所を移動してまだまだ遊びます。

 

 

万博日本庭園は広大で美しい

二時間半歩いてクタクタ、平安時代寝殿造りの邸宅の庭園、洲浜、滝、現代の日本庭園も~☺
 
日本万国博覧会に政府出展施設として、日本の造園技術の粋を集めて造られた名園です。博覧会当時は、林立する近代建築パビリオンの未来空間と対比して、自然・緑の憩いの場を提供する役割を果たしていました。 庭園の面積26ヘクタール、東西1,300メートル、南北200メートルの細長い地形に水の流れを造り、西から東に向かって流れるせせらぎに沿って、上代から中世、近世、現代へと4つの造園様式を取り入れ、わび・さびの世界に時を忘れる贅沢な散歩道へといざないます。 また、庭園の設計は、水の流れに人類の進歩と時の流れを象徴させ、全体として調和のとれた一つの作品を作ることも意図しています。

又詳しく紹介したいです。

上代・中世・近世・現代の4庭園で構成されます。


大名庭園

 


寝殿造りの邸宅の庭の再現


洲浜
ここは日本庭園の博物館のようです。
民芸館もいきましたが、東京の民芸館とは違いすぎるような。

 

天王寺動物園のガオウとルナ・モナカ(爆)

www.youtube.com

 

オスですからねえ、ライオンの狩りはメスの役目

 

  • twitterでつぶやく

  • 0

 

 
 
笑、、さすが大阪 
大阪人なら毎週行くのでパスポート買いますwww
大阪の高齢者は無料
 
 
ガオウ、渋い、ハンサム
東山のサンと血縁ないけど似ていませんか。
前回天王寺動物園訪問したに時は雨模様でぐずぐずしていて、ライオンは既に寝ていました。
だから今回は朝、開園前から並び一番乗り(爆)
2日目の雨も大したことなく傘なしで万博日本庭園を散歩出来ました。動物園でもほどんど傘なし、曇ってる方が楽です。
 
 
後ろ姿もふさふさ
 
 
 
 
 
爪とぎは欠かせません、たくさん木を貰っています。
 
 
 
横顔も凛々しい姉妹のルナとモナカ
 
 
尻尾のボンボリが大きいほうがルナ
 
 
モナカがガオウを甘噛み?
 
 
2頭はへそ天 姉妹はじゃれあってました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
動き出したルナ、東山のメスライオンももルナですが
 
 
ガオウのいる岩に乗り、すりすり
 
 
 
 
 
イメージ 17
 
ところが薄情なガオウは立ち上がり…
 
 
 
 
 
岩から降りてしまいました。
この作りものの岩の左下の四角は何?
この岩、ヒーターが付いている。
 
 
以下は天王寺公式サイトから
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天王寺動物園には、ガオウ(雄、9歳)と、双子のルナ(
 3頭は母ライオンが姉妹のいとこ関係。
 
 
赤ちゃんの時から、イベントに出ていた3頭。人懐っこく、よく目が合います。
 3頭の力関係は絶妙です。ライオンの群れ(プライド)は雄1~2頭に複数の雌、子ライオンで形成されます。狩りは主に雌の仕事で、木陰で涼む雄はまさに“皇帝”のイメージ。ただ、1歳違いの3頭の三角関係は少し違うようです。
 担当飼育員の町出猛さん(49)によると、「ガオウはモナカにちょっかいを出しては、ルナにいつも怒られている」とのこと。また、来園当時は何度も電気柵に当たってしまったとか。勇ましい名前とは裏腹に、気弱で慌てん坊の一面もあるようです。
 3頭の中で一番の元気印がルナ。マイペースのモナカとは対照的に好奇心旺盛で、バックヤードに飼育員が現れると、真っ先にやって来ておやつ(鶏肉)をねだります。
 そのうち、ガオウが来ますが、モナカはずっと岩の上にいることもしばしば。一日を終えても、“その気”にならないと獣舎に帰ろうとしないモナカを、ルナが連れてきてくれることも多いそうです。
 2頭の見分け方は、尻尾。尻尾の先の“ぼんぼり”が大きいのがルナ、モナカはほぼストレートです。また、面長なのがルナ、丸顔がモナカ。見慣れてくると、すぐに分かります。

■20時間ごろごろ

 ライオンは1日20時間は、木陰でゴロゴロしていると言われます。夜行性のため基本的に狩りは日暮れからということで、園でも閉園間際になると動きが活発になります。運がいいと、じゃれ合う3頭、時にはルナがガオウの上をジャンプで跳び越える場面を見られるかもしれません。
 また、寒さが苦手の3頭のために、展示エリアの岩やコンクリートにはヒーターが仕込まれています寒い日に岩の上に悠然とたたずむ下には、そんな裏技があるんですね。
 暖かくなるこれからの季節は、ガラス張りエリアの下のコンクリートが狙い目。ひんやりとしている上、送風もされます。気持ちよく寝転がる“ネコ科”の本能が観察できるのも、動物園の醍醐味(だいごみ)です。

太陽の塔とライオン

昨日は生態展示が素晴らしい天王寺動物園と隣の慶沢園見学のあと、万博公園へ。水中のカバを見学出来るようにしたのは天王寺動物園が最初、東山動物園は負けきっています(T-T)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

太陽の塔見学は夕方の予定しかとれず、
隣のホテルで太陽の塔のライトアップみながら、寝ました。なかなか寝れず。
太陽の塔、当時はとても入れる情況ではありませんでした。だから、やはり心残り昨日は生態展示が素晴らしい天王寺動物園と隣の慶沢園見学のあと、万博公園へ。水中のカバを見学出来るようにしたのは天王寺動物園が最初、東山動物園は負けきっています(T-T)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

太陽の塔見学は夕方の予定しかとれず、
隣のホテルで太陽の塔のライトアップみながら、寝ました。なかなか寝れず。
太陽の塔、当時はとても入れる情況ではありませんでした。だから、やはり心残りでした。
たあさん、お気使いありがとう😆💕✨
たあさんが言われるように音響がいい、壁が劇場のよう。
太古からの生物、絵では観たことありますがそれをこんな巨大な形にして、しかもゴリラなど一部動いていた!

今は恐竜も動かない‼
ゴリラの頭がむき出しになり、機械が表れてます。
階段あがり、説明ききながら見学しますが当時はエスカレータだった
エレベータはありますから、大丈夫です。地震も大丈夫でした。
両腕の部分が不思議な悠久の美?
すべて撮影禁止、もらった小冊子も光るので撮影困難。
万博当時ご覧になられた方ありますか。

 

でした。昨日は生態展示が素晴らしい天王寺動物園と隣の慶沢園見学のあと、万博公園へ。水中のカバを見学出来るようにしたのは天王寺動物園が最初、東山動物園は負けきっています(T-T)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

太陽の塔見学は夕方の予定しかとれず、
隣のホテルで太陽の塔のライトアップみながら、寝ました。なかなか寝れず。
太陽の塔、当時はとても入れる情況ではありませんでした。だから、やはり心残りでした。
たあさん、お気使いありがとう😆💕✨
たあさんが言われるように音響がいい、壁が劇場のよう。
太古からの生物、絵では観たことありますがそれをこんな巨大な形にして、しかもゴリラなど一部動いていた!

今は恐竜も動かない‼
ゴリラの頭がむき出しになり、機械が表れてます。
階段あがり、説明ききながら見学しますが当時はエスカレータだった
エレベータはありますから、大丈夫です。地震も大丈夫でした。
両腕の部分が不思議な悠久の美?
すべて撮影禁止、もらった小冊子も光るので撮影困難。
万博当時ご覧になられた方ありますか。

 


たあさん、お気使いありがとう😆💕✨
たあさんが言われるように音響がいい、壁が劇場のよう。
太古からの生物、絵では観たことありますがそれをこんな巨大な形にして、しかもゴリラなど一部動いていた!

今は恐竜も動かない‼
ゴリラの頭がむき出しになり、機械が表れてます。
階段あがり、説明ききながら見学しますが当時はエスカレータだった
エレベータはありますから、大丈夫です。地震も大丈夫でした。
両腕の部分が不思議な悠久の美?
すべて撮影禁止、もらった小冊子も光るので撮影困難。
万博当時ご覧になられた方ありますか。

 

太陽の塔

昨日は、太陽の搭内部見学に、その前に2回目の天王寺動物園へ、主なきゾウ舎も、サファリのようで素晴らしい、なぜ東山動物園は、あんなに人工的なのか(T-T)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 

動物園隣の庭園、美術館も立派です。
オスライオン、岩の上に、そこへメスがきたら、去りました、😆💣✨
マレーグマが筒やボールにかじりつくわけは?
初めて水中のカバの様子見ました、足の裏が可愛い、魚が虫でも取ってるのか、カバさんの背中に群がっていました。
ジャガーのルースさんのパートナージャガオ君は前に来たとき、おやつも食べないで寝てしまいました、そのあと、すぐ永眠、双子の一頭は日本平動物園で会えました。ママのルースさんは元気でした。