読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

riboni5235’s diary

英国庭園、ミュージカルファン、親子・ペアのアメショー3匹と暮らしています.バラ栽培アンティークも大好きです。よろしくお願いします!

続、白鳥庭園、暑い日なのに爽やか~

イメージ 1

 
続白鳥庭園
 
 
 
4月に続いてmimiさんが名古屋へ。
 
もう私は可児の花フェスタ下呂温泉は何回も行きましたし、加齢で
車で御案内する自信もなく千種駅の薬膳料理と白鳥庭園、フラリエへ。
 
バラ、薔薇、ばらの花フェスタの次に日本庭園も乙なものではないかと。
 
滝に癒されました。
 
もう敬老パスで楽に地下鉄バスで移動するのに慣れて、
古いスカイラインを久しぶりに運転は…
 
道もすいてるのに私の苦手な名古屋南部です。
 
このあたりも広い三車線の道路、熱田神宮や古墳があるので
道がラウンド。
 
ひゃっとさせてごめんなさい。
もうこれで御案内も打ち止めにした方がいいでしょう。
勘弁して
 
まだ次男のイストだったら良かったのですが、御三人さんだったので。
 
イメージ 2
 
画像、左上に七里の渡し
 
御嶽山に源を発した木曽川は白い飛沫を上げながら岩を噛み
光を集めやがて伊勢湾の海原へと帰っていく  白鳥庭園パンフより
 
 
 
 
宮の渡しの景
東海道の海路として賑わう宿場町、常夜灯や七里の渡しなどを
造景のモチーフ
 
イメージ 3
 
 
ちらっと数寄屋建築の清羽亭(せいうてい)に赤いうちかけの女性が見えます。
清羽亭の外観は白鳥の舞い降りるイメージ
 
ここの園芸家をローカル新聞で観てなるほどと思いました。
 
その内容も忘却の彼方
イメージ 4
 
紅葉の白鳥庭園
 
イメージ 7
 
 
イメージ 8
 
汐入亭、汐入の庭
1時間1サイクルで汐の満ち干きを演出する「汐入の庭」
 
汐の満ち干きによって写り変わる景色を楽しむ庭。
 
満ち引きを繰り返して変化する風景を創りだす「水」
 
打ち寄せる波しぶきを表す「噴水」
 
打ち寄せた汐が岩場のくぼみを伝わって砂浜へ干いていく様子を表す「水」の三つの表情があります。
 
イメージ 9
 
この木、さわやかな白い花に紫の筋があります、これは何?
 
桜の名所山崎川にもあったですが工事で切られました
 
今のご近所にあってうれしい。
 
イメージ 10
 
 
イメージ 11
 
下は紅葉の時の水琴窟 お疲れ様です。
 
イメージ 5イメージ 6

初夏の○○庭園ミステリーツア?

イメージ 9
 
 
 
新緑がさわやかな時期です。
バラばかり紹介してきましたが、昨日は日本庭園へ。
ここはどこでしょう。
 
 
 
入り口の緑の壁は桂離宮を思い出します。↓
 
 
 
このように正面には松はありませんが。
↑は桂離宮
この向こう何が有るか期待させます。
 
 
英国庭園のいくつかの部屋の集合のような庭も、影響受けているのでしょうか。
 
 
法然院の止め石
昨日訪問した日本庭園にもっと狭いところにこの止め石がありますが
撮影しそこなったので
 
止め石(とめいし)とは、日本庭園神社仏閣境内において、立ち入り禁止を表示するために用いられる。関守石(せきもりいし)や留め石、関石、極石、踏止石などとも言う。[1]丸い石に黒い棕櫚縄を十文字に掛けたものが使用される。
 
 
この日本庭園、行かれたことありませんか。
 
最初野画像は 源流の白滝
 
私の愛読書の『庭園に死す』に世界の名園と共に、紹介されています
 
『戦争と罪責』岩波書店, (雑誌世界で読みました。)
 
『庭園に死す』(この本は手放せません、宝物)春秋社, 1994.3の
 
野田正彰教授が世界の庭園アウシュビッツも含む!)と並んで紹介してくれた名古屋の白鳥庭園
熱田神宮、断夫山古墳、白鳥古墳近くです。
 
 
 
木曽三川の原流から海への道を表現しています。
 
 
 
 
茶室『清羽亭』
 
昨日は又結婚式?前撮りの?お嫁さんを見かけましたが遠くて
立派なうちかけが見えました。 
 
白鳥庭園は、中部地方最大級の規模を誇る日本庭園です。一年を通じて多くの花が 咲き、紅葉や雪吊りといった、四季折々の風情を楽しんでいただけるようになっています 。茶室『清羽亭』は自然素材を活かした本格的な数寄屋造りの茶室です。季節のイベント や ...
www.shirotori-garden.jp/ - キャッシュ
 
 源流の白滝は三段の石組、大河を予告する。これは水郷となり海洋と成る。
明治の小川治兵衛が作りだした流れの技巧を取り入れていると言う。
木曽川長良川揖斐川木曽三川に発した水が寝ざめの床になり、大河となって熱田の港に至るまでを縮景している。
吉村元夫設計、大阪万博により破壊された跡地に自然を造形した景観設計家。
「庭園に死す」より
 
水は物語となって壮大な自然を創り出す
川と大地が出逢い言葉を交わす時
切り取られた空間に生命の源である水の夢と浪漫が交差する

地球の鼓動が芸術になる水の庭で自然の織りなす物語に心をとき放つ
 
築山を御嶽山に見立て、
そこを源流とする流れを木曽川とし、
水が遠のく御嶽山の麓を流れて寝覚の床の
渓谷へと下っていく風景を描写。

それは滝や巨大な岩が創りだす源流風景、
清流が勢いよく流れる渓流風景。HPより
 
 
 
 実は頼まれてブログ友を御案内しました。
 
続きます。

昔は猫が羨ましかった、ブランの昼寝

イメージ 1
 
竜パパ
 
イメージ 2
 
 
娘のブランとブランの好きなぬいぐるみ、モリコロ
下にママのリボンがひそんでます。
 
ブランが敷いてるのは母のキルト
 
イメージ 3
 
 
ブランの後ろはブルーベリーやラズベリー
 
右の赤っぽい葉はピエールのシュート。たくましく出ています。
 
イメージ 5
 
 
このエンジェルも母のランプ、電気がもうつきません~
 
 
イメージ 6
 
 
植えたばかりの苗
イメージ 4
 
昼寝のブラン
 
イメージ 7
 
過去写真、バラバレリーナと娘のダブル
 
昨日載せそこなった画像、ブランがツルニチニチ草をかじってます。
↓右の方にいます。
 
 
 右の方でツルニチニチ草をかじるブラン
 
 
 

 

昔は猫が羨ましくて、昼寝のブラン

 
 
イメージ 7
 
過去写真、バラバレリーナと娘のダブル
今は2つとも、いない
 
イメージ 1
 
竜パパ
 
イメージ 2
 
 
娘のブランとブランの好きなぬいぐるみ、モリコロ
下にママのリボンがひそんでます。
 
ブランが敷いてるのは母のキルト
 
イメージ 3
 
 
ブランの後ろはブルーベリーやラズベリー
 
右の赤っぽい葉はピエールのシュート。たくましく出ています。
 
イメージ 5
 
 
このエンジェルも母のランプ、電気がもうつきません~
 
 
イメージ 6
 
 
植えたばかりの苗
イメージ 4
 
昼寝のブラン
 
 
 
 
 

 

バラの育種家河本純子インフラリエ

  • twitterでつぶやく

  • 1

 

イメージ 1
 
地下鉄矢場町のステンドグラス
 
イメージ 2
 
 
フラリエ手前で
 
この奥にはピラミッドのオブジェ
先日、友人と薬膳粥の店に行った後フラリエを案内
私ってなぜか案内人になります。
 
遠くの友人の所へ行っても先に一人で廻っていたり(苦笑)
その後友人と待ち合わせ
 
イメージ 3
 
元蘭の館、フォーマルになるように両側に同じバラのコンテナ
 
友人も感心していたフラリエ、
 
繁華街の真ん中に
 
しかも無料となりました。
 
カフェやレストラン、雑貨店、花屋もあります~ごゆっくり
 
最初このガーデンを設計したのはどなた、教えてもらいたいです
 
宝塚のガーデンはイギリス人に作ってもらった無農薬ガーデンでしたが既にありません
 
庭は何年も育てていくものなのになぜ、かんたんに壊すのでしょう。
 
 
ポール・スミザーの手がけたガーデン、
「宝塚ファミリーランドの歴史92年分のいろいろな思い出の木や古いものがあちこちから出土!捨てるものはない!
例えば、小林一三翁の生家で実際に使用していた「駒止め石(馬をつないでおく石)」は、船を係留する石として使っている。井戸の框(かまち)にはきれいな蓮と亀が施されていたから、そのままプランターとして飾っている。お茶室があったという場所には、「手水鉢」があって、これも形が面白いからシークレットガーデンを出たところに置きました。」ポール・スミザー
 
 
ゆっくり見たのは一度だけですが勿体無い
ここでも怒りがこみ上げます。
 
イメージ 4
 
華やかなモーリスユトリロ
2003年 フランス G. Delbard
系統  HT ハイブリッドティ
 
イメージ 5
 
バラとの組み合わせも腕の見せ所でしょう。
イメージ 6
 
ピンクとパープルの色合わせもいいでしょう。
 
イメージ 8
 
一番右のバラ、すごく良い香りです
 
この日はバラの岐阜県揖斐郡大野町の女性育種家・河本純子氏が、
フラリエで講演、そのため、また2日後にきました。
河本氏はバラのオリジナル品種を作出。
 
河本氏は主婦、母親といくつもの仕事と育種家を兼ねて
 
ブルーヘブンの生みの親
 
河本バラ園 オリジナルローズの世界(タキイ種苗)

「バラの母」とよばれる育種家・河本純子氏の自伝とオリジナル品種の紹介。
これらの青バラ以外にも、優美で気品のある人気品種を作出している。
「園芸新知識 はなとやさい」2010年11月号より

 
 
http://www.kawamotorosegarden.com/
なお、大野町はバラの苗木の生産量が日本一の町として知られている。
イメージ 7
 
白バラだけのアーチ
 
家でランチ那智作り遅くなりお話は少ししか聞けませんでした。
残念、聞かれた方教えてください。
 
悔しいのでじかにちょっとお話してきました。
 
 
イメージ 9
 
 
 
イメージ 10
 
 
続きます。
 

新作プルチネッラ♪

 

 
 

 

 

プルネッチラでは?でしたがペトルーシュカと聞いたら何となくジメージが浮かびました。
 
本当はこれにハンドルを付けるのですが省略(爆)
床を上下させると踊ります?
 
ロシアではペチルーシュカと呼ばれ、ストラビンスキーが作曲しフォーkキンが降りつけた一幕のバレエ
 
美しい踊り子に恋した道化人形ペチルーシュカの悲恋物語
 
 

 

 

 

 

 

 
 ペトルーシュカ』 (露語Петрушка , 仏語Pétrouchka)は、ストラヴィンスキーの三大バレエ音楽の一つ。おがくずの体を持つわら人形の物語で、主人公のパペットは命を吹き込まれて恋を知る。ペトルーシュカ(ピョートルの愛称)は、いわばロシア版のピノキオであり、悲劇的なことに、正真正銘の人間ではないにもかかわらず真の情熱を感じており、そのために(決して実現しないにもかかわらず)人間に憧れている。ペトルーシュカは時おり引き攣ったようにぎこちなく動き、人形の体の中に閉じ込められた苦しみの感情を伝えている。
 

 

プルチネッラはイギリスに伝わり、「パンチ」(Punch) という名の毒舌の道化師として知られることになる。パンチは雑誌『パンチ』のメインキャラクターとなり、風刺漫画を意味する「ぽんち絵」の語源となった。フランスでは、ギニョールと呼ばれる人形劇のキャラクターになった。ロシアのペトルーシカもプルチネッラを起源とする。
また、プルチネッラは、バレエ・リュス(ロシア・バレエ団)のバレエ作品の「プルチネルラ」や、イーゴリ・ストラヴィンスキーが同作品のために作曲したバレエ音楽プルチネルラ」などのテーマとなっている。
 
 

拡散】不信任案は否決されたが、この山尾議員の演説は必聴だ。特に「テロ対策のためテロ等準備罪が必要」と思っている人こそ必聴、法律が必要どころか有害であると理解出来ぬ人はゼロだろう。これがTVで流れれば、

  • twitterでつぶやく

  • 1

 

【拡散】不信任案は否決されたが、この山尾議員の演説は必聴だ。特に「テロ対策のためテロ等準備罪が必要」と思っている人こそ必聴、法律が必要どころか有害であると理解出来ぬ人はゼロだろう。これがTVで流れれば、国民の9割以上反対となるはずだ。
 

共謀罪!山尾しおり】 金田大臣の不信任!視聴者から絶賛コメントの嵐!中には 感動で涙しましたという人も複数。。。 全43分@衆院・本会議

 

山尾しおり 金田・法務大臣の不信任【全43分】 5/18 衆院・本会議
5/18 衆院・本会議 山尾志桜里 金田勝年法務大臣不信任決議案【全43分】 「耐えられない軽さ!有害」と (横暴な数の力で否決はされましたが)真実は痛快なのです!
 
金田法務大臣の不信任:山尾氏 5/18 衆院・本会議 文字起こし①
http://ameblo.jp/miraihamassugumiteruyo/entry-12275921623.html
第2次安倍政権が発足してから間もなく4年半が経過しようとしています。
安倍一強政権と呼ばれる
奢り、ゆるみ、たるみが
安倍総理をはじめ自民党の2回生議員と言われる方々にまで
浸透していることはさまざまな事件を見ても明らかであります。
かつての自民党政権では
政官業癒着に基づく利益誘導政治が横行し金権腐敗政治であるとの
国民の強い批判を招きました。
今姿を現したのは
安倍総理のお友達、即ち
安倍友優遇政治と 安倍忖度政治という
新しい形の利益誘導政治であります。
安倍総理のご婦人である昭恵氏が名誉校長を勤め、
その名も安倍晋三記念小学校という学校設立を目指す、
森友学園に対し財務省はじめ政府は、
一体となって特別扱いを計ってきたことが明らかになりました。
とりわけ国民の大切なスタンである国有地を
9割引きという破格の値段で売却した事について、次々と新たな事実が判明し、
政府の説明は根底から崩れてきています。
安倍総理「私や妻が関わって居たら、総理も議員も辞める」と仰いましたが、
昭恵氏がこの件に深くかかわっていたのは、
もはや、隠しきれない事実であります。
そして安倍総理が腹心の友と呼ぶ方が理事長を務める
加計学園獣医学部新設の件についても「総理のご意向」だとか
「官邸の最高レベルが言ってる事」等と記された
文部科学省の内部文書の存在が報道されました。
報道されたこの文書によれば、
麻生財務大臣等が強く反対する中
関係省庁が如何に安倍総理のご意向を踏まえ
或いは忖度し、最短距離で要望を実現できるかを
必死になって検討してるかが、現れているかのような記載であります。
安倍総理は働きかけをしていたら責任を取ると
明言をしましたが疑惑はますます深まってまいりました。
「権力は腐敗する、絶対的権力は絶対に腐敗する。」
これはイギリスの歴史か思想家政治家、
ジョーン・アクトンの有名な格言です。
森友学園加計学園に関する疑惑に象徴されるように
安倍総理による政治の私物化は
今や明白な形でその姿を現し始めました。
私達はそのような政治は断じて認める訳にはまいりません。
この事を申し上げ、改めて。
私は民進党無所属クラブ、日本共産党自由党社会民主党市民連合の
4会派の代表をいたしまして、只今議題となりました法務大臣
金田勝利君
不信任決議案について提案の趣旨を説明いたします。
 
まず、決議案を朗読いたします。
本院は法務大臣金田勝利君を信任せず右決議する以上であります。
(👏 拍手~~~そうだ)
 
以下不信任の理由を申し述べます。335
私は2年前のこの議場で、刑事訴訟法改正修正案の賛成討論の際
次のような言葉を紹介しました。
「力無き正義は無力であるが、正義なき力は暴力である。」
共謀罪が成立すれば、共謀が罪を構成するわけですから
話し合いの有無そして、中味を知るために捜査機関は
一般市民のコミュニケーションに
 事前に広く監視の網をかける力を持つことになります。
一人一人の個人が自由に集まり、
他の個人と繋がり言葉を交わし合う
このコミュニケーションの自由は民主主義の根幹ですから
この共謀罪が捜査機関ひいては
国家が与えるコミュニケーションの監視機能は
自由と民主主義を危うくする力そのものであります。
にもかかわらず審議を重ねるほどに明らかになったのは、
共謀罪が全く「テロ対策の役に立たないという事であります。
正に、正義なき力、自由と民主主義に対する暴力ともいうべき法案です。
 
277従来の数え方に習えば300を超す既存の罪について、
処罰時期、ひいては捜査の開始時期を一気に
話し合いの段階まで前倒す この共謀罪
ひっきんの課題はこれだけ重大で深刻な共謀罪の所管大臣が
金田勝利大臣であるという事であります。
此処までの議論に於いて金田大臣は、
答弁変遷答弁矛盾答弁不能答弁放棄
こういったことを重ね
私達はこれ以上法務委員会の議事における
法務大臣の答弁の価値が
軽くなる事、そしてその耐えられない軽さが、
今後の大臣に要求される
答弁の質の許容lineを下げていくことに耐えられません。
国会国民に対して、
積極的に説明責任を果たそうとする
意志も無ければ能力も残念ながら欠如してる大臣のもと
これ以上議論を続けることは無意味である以上に
有害であることをこれからご説明いたします。
 
まず第一点目は説明責任を果たそうとする意志の著しい欠如です。555
26法務大臣がメディアに向けて配布した
所謂、金田ペーパー
この登場はあまりにも衝撃的でありました。
刑事局長や外務大臣に聞いて欲しい
予算委員会ではなく法務委員会で聞いて欲しい
成案前から前の共謀罪とは全く違うとご自身がPRしておきながら
質問は成案の後にして欲しい
行政権の一員である法務大臣
立法府における審議の時期場所、相手について、
自らの希望をぺーパーにしたためた上
権力監視機能を果たすメディアに配布するという異様な光景に
大きな疑念の声が上がりました。
説明責任を果たそうとする意志の欠如を象徴する
この金田ぺーパーについて
金田大臣自身謝罪と撤回されましたかが、
その後の審議を重ねるごとに、この謝罪と撤回が
全く無意味なモノであったことが露呈していきます。
何故ならその後議論の主な舞台が
法務委員会に移った後も刑事局長に聞いて欲しい
こういう答弁が絶える事はありませんでした。
 
その上、国務大臣としての説明責任を放棄した
こうした振る舞いに対し本来構成中立な立場で、
凛として議事を采配する法務委員長が、むしろ、
多数決による採決で政府参考人たる刑事局長を常時登録するという
形成史上初の言いなり采配を実行しました。
その結果少なくとも現在の法務委員会が
政治家同士の議論を通じて
国会を活性させるという先輩議員たちの努力を
水泡に帰しているものと言わざる得ません。
2点目は責任説明を果たすという意志のみならず
その能力の欠如であります。
法務省設置法3条には、法務省の任務として、
法秩序の維持
そして国民の権利擁護を上げています。
そして22項で、その法務省の長が法務大臣であります。
しかし、この間の金田大臣の答弁と振る舞いは、
この法案が刑罰権の発動を基礎づけ
身柄拘束を含む国民の重大な権利を制限する
そういった法案であるにもかかわらず、
法案の内容を理解しないままに
官僚の作った答弁ブロックを読み上げ
無関係な答弁で質問をはぐらかし
論理が破たんしても答弁を訂正しないどころか
場合によっては論理破綻に気付くことすら出来ないという
余りにもお粗末な態度でありました。
これでは法秩序の維持
国民の権利擁護、
法が法務大臣の役割を果たすことは到底できませんし、
金田大臣が残念ながら法務大臣の任に堪えない事は
以下のような大臣答弁の隅々にまで現れています。
例えば130日の参議院予算委員会
判例はないが判例的考え方を申し上げているという衝撃的な
答弁が飛び出してきました。
28日の衆議院法務委員会
質問者から金田ぺーパーについて、
謝罪や撤回だけでは済まないのではないかという指摘を受けた金田大臣が
あろうことか只今のご意見に対しては、
私はちょっと、私の頭脳というのでしょうか
チョット対応できなくて申し訳ありません
聞いている私達、本当に衝撃を受けざる得ないような答弁をされております。
(ざわつき始めました)
後ほど内容の詳細を述べるつもりですが、
その他にも、キノコ狩りもテロ組織の資金源として、現実敵に計画することが
想定されるのであります。という内容の答弁
或いはビールと弁当を持っていれば花見地図と双眼鏡を持って居れば下見というようなビックリ答弁もありました。
(相当ざわざわしています)
また一般人が対象となるか否か論争の中では
一般人は捜査の対象にならない
嫌疑の対象にならない
続いて告発の対象にすらならないと答弁し、
質問者から告発の対象は告発する人の意志によって決まるのに、
何故大臣が対象を限定できるのですか?
というもっともな指摘を受け、
その場で答弁を変えるという事もありました。
金田大臣の答弁の矛盾
論理破綻は枚挙に暇がなく答弁不能に陥った大臣により
質疑はこれまで69回ストップしております。
こうした金田大臣の答弁能力の欠如を補うべく
安倍総理大臣、林刑事局長が答弁を買って出る場面も
大変印象的でありましたが、残念ながら
総理や刑事局長の答弁もまた、
深刻な問題を浮き彫りにするものでありました。。
 
例えば総理は126日私との質疑の中で、
組織的犯罪集団に当たるためには、
そもそも結合目的が犯罪実行を目的としている事が必要である
と答弁されました。
しかしこれは正当な組織であってもその性質が一変すれば
組織的犯罪者集団に当たることになるという 
従来の法務省の統一見解に真っ向から矛盾します。
 
総理のこの間違いを補とする為に 
政権が必死に準備してきたのが、
そもそもという言葉には基本的という意味がある」こういう答弁でした
しかしこれは国会図書館
ないしメディアの調査によっても明らかな通り
現存する15の主要な辞書を紐解いても、
総理のいうような意味は一つも存在しませんでした。
つまり総理の説明はオルタナティブファクト
ありていに言えば事実に反するウソであったという事です。
しかしさらなる追求を受けた安倍総理がしたことは
大辞林に土台という意味があり、土台には基本という意味がある」
こういう答弁を閣議決定をすることでした。
閣議決定はこういう目的のために使われるものだったでしょうか?
( ~~~やじ の飛ばし合い)
これは安倍総理が人を刑務所に送る
刑罰放棄の構成要件の文言を解釈するに当たり
間違えてしまった説明を嘘で塗り固め、
その嘘を政府が閣議決定で、裏書したことを意味します。
絶対に在ってはならない深刻な事態です。
何故ならこのような閣議決定の名に値しない閣議決定がなされるという事が
安倍総理に本人に
自らの間違いを認める度量が無いという事を証明するだけでなく
安倍総理の周囲に、
「総理、さすがにそれは間違っていますよ」
窘める存在が居ない事を意味するからです。
安倍政権の中には王様は裸であると語る子供が居ないという事であります。
 
 
裸の王様が行政府の長を続ける事の深刻な論点を
2点申し上げます
 
一点目は今回のその総理の答弁が
刑罰放棄の構成要件の解釈に関するものだという事です。
刑罰放棄の構成要件は、此処までは自由
ここから先は刑務所
こういう線引をすることによって
人間の自由と不自由の範囲を宣言する物であります。
 
ですから誰にでもわかるレベルでの明確性と
誰が何時、解釈しても、同じように読める安定性が必要なのです。
しかしこの構成要件の解釈が
自分の間違いを認めたくないという
安倍総理の独人的な理由で、変更したり混乱したりすれば
明確性も安定性も傷付けてしまいいます。
明確性や安定性を欠いた刑罰法規は
自由の範囲を不明確且つ不安定なものにします。
何をすれば刑務所に行くのかハッキリしないという状態は
迷ったら止めておこうというように
自発的な自由の萎縮をもたらし
一端萎縮した自由を取り戻すのは並大抵の事ではありませ
 
二点目はこの問題が安倍政権の間違いを認めない体質
そして「この道しかない」という
スローガンが象徴するように、
自らが唯一絶対に正しいという価値観を
如実に表しているという事です。
 
人間は間違いを犯します。
従って人間が行使する権力も、間違いを犯します。
 
しかし安倍総理や金田大臣の発言がどんなに間違っていても、
その間違いを真実として正当化していくという手法がまかり通れば
権力の正当性を論理や事実に寄って
客観的に判断をしていく事が凡そ不可能になります。
安倍総理は間違えない政府の判断だから正しい。
これはまさに法の支配ではなく
人の支配への転換を容認する事に繋がります。
特に共謀罪で言えば、
捜査機関ひいては国家権力の判断が正しいという前提で、
広範な捜査を許容すれば、社会は変容した司法の中で
社会の自由はどんどん萎縮していくでしょう。
安倍総理には使い方を間違えれば
最大の人権侵害をおこしうる刑罰放棄に対する謙虚さが見られません
これは、今国会で共謀罪に関して答弁された
「一網打尽にする捜査機関の躊躇を無くす。」
こういった発言からも見て取れます。
当法案に対する
金田大臣の答弁能力の欠如
安倍総理によってホローされるどころか
寧ろ法案審議を更なる混乱をもたらす結果をもたらしています。
 
また今国会の法務委員会では
 
 
 

転載元転載元: 葉梨愛ツイッター的ブログ