読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

riboni5235’s diary

英国庭園、ミュージカルファン、親子・ペアのアメショー3匹と暮らしています.バラ栽培アンティークも大好きです。よろしくお願いします!

浜松城、うなぎパイ工場、フラワーパーク2

イメージ 1
 
ランチ会場のホテルから見た浜松城
 

天守門を140年ぶりに復元。出世城と呼ばれた浜松城

往時の石垣の上に新天守閣が再建された浜松城
展望台からは浜松市街を一望、城内には家康と城下町浜松にまつわる
歴史的資料、武具などを展示しています。
 
 
イメージ 2
 画像縮小するの忘れてUPしてしまったホテルエントランスのアレンジ
 
 
イメージ 3
 
アールヌーヴォのミラー?
 
イメージ 4
 
 電子オルガンもうなぎパイ仕様です。
 
うなぎパイ工場見学と買いものの時間ありました。
刷毛でバター、秘伝のたれを塗る工程から。生地まとめるのは人とか。
 
 
私は団子より花でもっとフラワーパークの滞在時間欲しかった!
広いので1時間半では廻れない。私は団子より花。
 
 
 
イメージ 5
 
ここでもお菓子販売
 
隣に美味しい落花生屋さんがありそこへもお買いものされる方多かった。
 
イメージ 6
 
改めてフラワーパークの塚本園長あしかがパークに大事な藤を移植した話を読むと、感動します。
 
商品の詳細
 

奇跡の樹―よみがえった大フジのおはなし

2002/3
葉 祥明、 塚本 こなみ
 
私はもう一度来たい、この美しさを誰かに伝えたいと思わせる「感動分岐点を超える園づくり」を目指しています。この花を見られて幸せだ、と感動させる力ですね。今年の春、連休中に、大きなカメラを携えた男性が「こりゃ撮影できないな」とおっしゃっていたんです。美しすぎて写真に収められないというわけです。うれしかったですね。桜の美しいところは、日本全国どこにでもあります。でも、チューリップと桜が競演する場は、他にはありません。1年のうちの2週間だけですが、本当に美しいものを提供する。それが人の心を震わせ「感動分岐点」を超えれば、入園料が多少割高でもお客さまは来て下さる。感動分岐点は、私たちの誰もが持っているものです。それを超えるためにも、プロとして、しっかりと結果を出さなければと日々取り組んでいます。商品と商品価格が一致していれば、お客さまは来て下さると信じています。
――
これからどんなことをなさろうとお考えですか?
塚本
園芸福祉、園芸療法にも力を入れたいと思っています。あしかがフラワーパークでは、いじめが原因で高校進学を諦めた生徒と、社会に出たけれど人とのコミュニケーションが苦手で、親とも話せなくなってしまった引きこもりの青年をお預かりしたことがあります。2人とも、自分たちが一生懸命育てた花を見たお客さまが喜んでくれる姿を目の当たりにして、自分を取り戻していくことができました。樹には、人間性復元力があると思うのです。園芸は、技術を身に付け、社会復帰する一つのきっかけになるのではないかと考え、より具体的に、園芸療法に取り組めればと思って動いているところです。

 


 

Top of the page

 

塚本こなみ(つかもと・こなみ)
1949年静岡県磐田市生まれ。22歳で結婚。造園業を営むご主人の仕事を手伝ううちに、樹木の世界に足を踏み入れ、自身も一級造園施工管理技士を取得。92年女性初の樹木医資格取得。93年造園、緑化、樹木の保護などを事業とする自身の会社を設立。96年あしかがフラワーパークの大藤移植を成功させ、99年同パーク園長に就任。2013年からはままつフラワーパークを運営する公益財団法人浜松市花みどり振興財団理事長に就任。
 

 

●取材後記
樹木医としても経営者としても実績を上げている塚本さん。でも「樹齢何千年という木を前に、自分は無力だなと感じる」と言う。だからこそ「こうしてほしい」「ああしてほしい」と言わない樹木に向き合って、葉の生え方一つ、枝の張り方一つを「見て」、どうしたらいいのかを見極め「今日、できることをきちんとやろうと思う」。時間はかかるけれど、そうして積み重ねたことがきちんと結果になって表れている。そう、結果を焦ってはいけないのだな、とつくづく思いつつ、帰り道、園内の桜を見上げた。
 
 
 

イメージ 7
 

 

 

藤とバラ、浜松フラワーパーク

今年3回目の浜松フラワーパークです、さすがに今回は生協のチラシに入っていたバスツアーです。
藤も大好きなので。普段は名古屋城の藤が一番手軽です。
 
イメージ 1
 
昨日は雨降りで心配しましたが今朝寒くて風が強いだけでラッキーでした、感謝。どんどん暖かくなりセーター、カーディガン脱いでいきました。
 
イメージ 2
 
 
珍しい八重の藤、黒龍藤、花が藤でないような…入ってすぐの大きな鉢植えの藤です。
目立ってました。
 
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
吉谷さんのイングリシュガーデンの藤棚や庭木仕立てはまだ
これからでした。残念。今年寒くないですか、もう四月も終わるのに。
イメージ 8
 
 
イメージ 10
 
 
 
イメージ 9
 
薔薇園ではナニワバラやモッコウバラ、真っ赤な芍薬が咲いてました。
続きます。
 
バスツアーなので海老せんべい、鰻パイ工場見学や
ちくわやさんに連れて行かれいらっときましたが(苦笑)
ガーデンに入ると不満もかき消える私
 
皆さん、着くたびにお菓子など盛大に買われるのに圧倒されます。
私はカメラだけでも重いし、服も脱いでいき荷物が増えるので。
 
大河ドラマの直虎館へ。
 
出演者の色紙もズラリ
 
ミユージカル界のプリンス井上芳雄
あっと言う間に桶狭間で戦死した役、
芸大出の彼、やはり生真面目な字でした。
 

とろける猫(笑)と東谷山(とうごくさん)フルーツパーク4

  • 1

 

イメージ 1
 
 
犬も猫も今は避妊・去勢手術するのでいくつになっても子供のようで私は猫の母でもあります。
飼い主(親)にしか見せない顔がありますね。
 
貴婦人を見つめる一角獣のように。
 
毎晩、親が寝るのが待ちとおしい猫たち、真夏はそれほどでないけど(笑)
 
 
イメージ 2
 
母はのロングコートチワワも私が撮影しても駄目、母に入院中以外
 
母が写すととろけ顔
リボンは一度赤ちゃん産んで育て終えたら甘えん坊になりました。
 
イメージ 3
 
 
東谷山とうごくさんフルーツパークには1000本のシダレ桜が有ります。
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7
 
 
イメージ 1
 
イメージ 4
 
温室です。
 
イメージ 5
 
 
イメージ 9
 
 
バニラビーンズなどもあります。
 
イメージ 10
 
 
イメージ 11
 
 
 
イメージ 8
 
イメージ 12
 
 
 
 
 

 

今年最初のバラと猫

 
イメージ 5
 
親子のすれ違い
左ブラン、右ママのリボン
 
色の濃淡があります。
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7
 
 
今日はボケ画像オンパレード
 
最初に咲くバラは肥料過多であんまりです。
花の中から又花が出ることも。
次の花に期待しましょう。
 
イメージ 2
 
薔薇は早々にカット、葉っぱはクリロー
薔薇水を飲もうとすぐ娘のブランが来ました。
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
ブラン「薔薇は邪魔!」
 
 
イメージ 1
 
 
 
ごちゃごちゃですがリボンママ、PCの横で、2年前の画像
 
イメージ 8
 
昨年か一昨年のリボン
 
イメージ 9
 

 

白藤と山のような黄モッコウ、白モッコウ

  • twitterでつぶやく

  • 0

 

イメージ 1
 
近所の芝桜、昔茶臼山で群生観ました。
毎週は火曜日は温泉の日、荒池先の温泉や猿投温泉が
サービスディだから。
今日は荒池の先の東海健康センター
演芸も観てきました、予約なしなのでで入り口で、
全部は観ていられません、芝居は観ない、踊りだけ観ると言う
女性がいてなるほどと思いました。
 
女形は美しく上手い
人気のある座長さんで明日は誕生日のショー、
食堂のテーブル等かたずけてショーが有りますが満席らしい。
 
イメージ 2
 
これはうちのバラ、ソニアちゃんか。
 
イメージ 3
 
温泉行く途中平針の薔薇館通る時、
山か滝のようなモッコウバラが見えました!
 
モッコウバラは一季咲きなので植える余裕はありません。
白モッコウは香りあり
 
イメージ 4
 
隣のPから見た風景、わかりにくいけどに右の方の山のような黄モッコウ
 
お客さんの写真展するから出しませんかと言われました。
 
英仏、どこかへ行きたいとお店の方が言われるので
英仏伊の庭めぐりの話をしました。
どなたも英国は一人で車で回ったと言うと驚かれます。
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
 
イメージ 15
 
 
これは反対側の道路の老人ホーム
イメージ 7
 
見事な白藤
老人ホームの二階のベランダ、お願いして撮影させてもらいました。
下から見えますかと聞かれました。
白は意外に目立ちます。
頼んでみるものですね。
 
イメージ 8
 
 
イメージ 9
 
立派でしょう。
藤は長生きで信頼できますね。
今週バスツアーで浜松の藤、見学に行きます。
イメージ 10
 
一階のちょっと高い花壇にあるハナミズキ、撮影しやすい、
この木が大きくなると私には難しい。
 
イメージ 11
 
ここからは又薔薇館
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
 
イメージ 16
 
 
薔薇のタルトがアート
 
 
 
 

バラが開き始めました♪+ボタン、アイリス、はなみずきなど

イメージ 1
昨日は昔生協を一緒にやっていた方(幼稚園時代からバザーで作品売っていた皮工芸、木彫り、型押し、キルトなどの手芸がお上手で琴の先生でもあられる!大きなお宅の中に招かれました。)
 
と今日は近所の子供同士が同級生のお母さん4人が集まっておしゃべり
 
女は女性同士のおしゃべりが楽しい。
 
 
情けないけどアブラハムダービー?
 
もう少し開かないと…
 
昨年春は薬剤まかなかったらやはり駄目でした。
 
先日ご紹介した赤い蕾は鉢植えのソニアでした。
 
庭にはアブラハム、ピエール、エブリン、ソニアリキエル
メアリーローズ枝替わりのキャセドラルを植えています。
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
午後からは三毛猫さんのいる窓辺の下。
この花は?
 
イメージ 4
 
蘭等咲いてます。
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
公園の明るいイエローの花
 
春らしい
 
イメージ 7
 
もう一度家のバラ
 
イメージ 8
 
百合もずんずん伸びてきました。
 
イメージ 9
 
何か気になるリボンママ
 
イメージ 17
 
 
昨年の娘のブラン、もう9歳
イメージ 10
 
浜松のフラワーパークで買ってきたミニトマトに黄色い花
が咲きました。
 
イメージ 11
 
ひまわり
 
イメージ 12
 
通りすがりの白モッコウバラ
 
 
 
イメージ 13
 
 
イメージ 14
 
街路樹白ばかりのハナミズキが好き、町がこの時は綺麗に見えます。
 
写真がまずいので早朝車がない時に撮影すればましかな。
 
イメージ 16
 
ボタン、華やか、王者ですね。
 
↓はなみずきと黄モッコウバラ
イメージ 15
 
 

 

東谷山3トロピカルフルーツ♪

トロピカルフルーツフェア

めずらしいトロピカルフルーツがいっぱい!
 
開催期間 5月3日(水・祝)~5月5日(金・祝)
 
イメージ 3
 温室のみ300円、名古屋市高齢者は100円。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
イメージ 1
 
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
 
イメージ 7
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
イメージ 10
 
イメージ 9
 
イメージ 11
 
 
東谷山は名古屋のはずれでなかなか行けませんがトロピカルフルーツの美味しいデザート、古墳見学まで出来ます。
 
農業センターは名古屋コーチン使用の食事もありますがたいして美味しくなかったのに、ここのデザート、食事は結構でした。
 
雨情枝垂れ桜等遅く咲く桜もあります