riboni5235’s diary

英国庭園、ミュージカルファン、親子・ペアのアメショー3匹と暮らしています.バラ栽培アンティークも大好きです。よろしくお願いします!

東山のバラ園、ツシマヤマネコ、タヌキ

植物園のバラ園はツシマヤマネコ舎の横です。
 
 
 
後ろにはキューガーデンの温室に似た重要文化財の温室がありますが今改装中で、幕がかけられ景観はよくない。
 
 
 
 
2番花
 
 
ここにもムクドリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
モモちゃんのお相手ゴクウ
 
エビゾウが隣室に来たときは気にして動いてましたが、エビゾウがなくなり又ここでじっとしています。
 
珍しくモニターで非公開のモモちゃんが走り回ってるのが見えました、
顔は全然見えません。
 
 
ヤマネコ舎の屋根の上の置物
 
 
 
 
 
 
 
 

猫3匹

  • facebookでシェア
  • twitterでつぶやく

 

イメージ 1
 
 
反目?
この椅子に座ると、猫が来て、椅子開けろと言います(;^ω^)
 
ピンクのウェアは母猫リボン、なめまくっておなかやのお尻の毛がなくなってしまったので着せています。エリザベスカラー代わりのウェアです。
 
右は反目してるような娘のブラン
猫は単独生活なので。
いつまでもおっぱいもらっていたのに。
 
真ん中は父ネコ竜
はじめは母がネズミ捕りのために竜を、
次にあんまり可愛くてやんちゃそうで買ってもらったリボン、
 
リボンが4匹の赤ちゃんを産んでくれました。
だから6匹いた時がありました。
  
 
 
 
 

「やすらぎの刻」と「余白の春」、下重暁子

昼の民放連続ドラマ倉本聰「やすらぎの刻」👈はルーペのCMがうるさくパワハラ、セクハラなのであんまり真面目に観ていませんが、
 
朝鮮人をタコ部屋で酷使、逃げ出した朝鮮人をかくまう話が…
 
ちょうど週刊金曜日金子文子の映画と関連し今こそ瀬戸内寂聴の「余白の春」を読むべきだとあります。
 
イメージ 2
 
 
あの金子文子の映画も文子があまりきちんと描かれていないと。
その後私も彼女の獄中日記を読んで驚愕
 
イメージ 1
 
 
実の父や祖母(父の母)から受けた壮絶、残酷な虐待の数々に、読むのが辛い
それでも読みやすいので、何とか読了。
 
 
父には籍にも入れてもらえないから向学心に燃えていても通学も困難、
又学校では差別、いじめ。
 
父は自分の利益のために文子を文子の叔父と結婚させようとしたような男、
女性にもだらしない。
 
祖母は朝鮮人の生き血を吸うような仕事をしていた
 
母は男性なしにはいられないような性格…
 
文子はこのような環境の中でよく生きたと思います。
見事な生涯でした。もっと生きてほしかった。
 
美しい心も失わなかった。
 
本当に自死だったのか。
天皇制国家を批判したから殺されたのでしょう。
 
 
 
 
立派な全集の「青踏」と「余白の春」を借りました。
あまり読まれていないのか綺麗な本です。
 
瀬戸内さんの話、行動は好きなのですが本はほとんど読んでいません。
 
「余白の春」冒頭に関東大震災の時の朝鮮人6000人虐殺と大杉、伊藤野枝が殺された状況が詳しく載っています。
 
 
サワコの朝下重暁子観ました。
ほんと「前期高齢者」「後期高齢者」など失礼な言葉、無神経で日本の役所ですね。
妻が夫を「主人」と呼ぶのもにも反対主人の対語は下僕、奴隷でしょう、私も主人なんて呼びません。
私は一人っ子なので孤独はすっきり楽しい時間です。
 
下重さんが選んだ二曲目はオペラ「ばらの騎士カルロス・クライバー指揮、
私も観に行けばよかった。
 
「やすらぎの刻」で満蒙開拓団に勧誘される話が出てきました。満州人の土地を取り上げてさも誰もいない土地に行くように見せかけ負け満州に行かせ、負け戦になると見捨て飛んでもない悲劇が生まれました。
ドラマの感想では朝鮮人強制連行や炭鉱、線路工事などでの酷使の事も知らない人が多いので、ドラマでも知ってほしいです、本当にあったことなので。
アソウなどこういう人たちを残酷に酷使し稼いだのですから。
 

関東大震災時に警察は朝鮮人暴動のデマを流し、自警団を躍らせて、それを理由に朝鮮人を保護検束するという実に手のこんだ陰謀


そうでもするほど、朝鮮人の決起を恐れていたという事、


管野スガ、文子もえん罪、でっちあげで逮捕。
大杉、野枝は裁判抜きで虐殺、
今の日本を観ても極悪な政府、官憲に差もありなんと、庶民も大震災で罪もない人々を6000人も殺してしまうなんて恐ろしすぎます。

於大公園の花菖蒲、燕

 
このはな館
 
ベトナム料理店サイゴンカフェテラスを見つけた日のことです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
於大の方(おだいのかた、享禄元年(1528年) - 慶長7年8月28日1602年10月13日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。松平広忠正室で、徳川家康の母。晩年は伝通院と称した。実名は「大」、または「太」「たい」[注釈 1]。なお、嘉永3年(1850年)10月29日に従一位贈位があり、その位記では、諱を「大子」としている。
 
 
於大の方15歳で家康を産みましたが戦国時代のことで引き裂かれ、
のち家康に迎えられました。
大河ドラマ直虎で栗原小巻が演じ懐かしかった。
 
家康は今川に著名な僧侶を家庭教師にしてもらい勉学に励みました、
人質ではありえないと。
膨大な蔵書、印刷でない書をよく読んだので
老眼にもならならなかっと。
私たちは目で見ているだけでなく能で物を観ている。
 
読書大事です。
 
今の「いだてん」は女子スポーツの幕開け、で面白い。
前回は人見絹枝が登場しました
 
 
 
 
 
この公園には高齢者のための立派なアスレチックがあります。
 
燕の巣も2つ観ました。
綺麗な巣ではなく…
 
 
 
この奥に楽しそうな円形のプールがあります。
 
 
 
 
 

狸の赤ちゃんとコアラの赤ちゃん

 
 
暗いのでぼんやりしていますが狸の母子です。心配そうにしてますから早く退散、
ツシマヤマネコらなら子供を殺しかねません。
赤ちゃんは親の右にいます。
 
 
外の狸舎では冬は狸の団子が見られます。☟
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
両親同居も狸ならでは?
 
 
ますますぼんやりですが赤ちゃん
左下にいます。
肉眼では2匹見えました。
 
 
右の容器に赤ちゃんがいます。
 
昨日はカワウソがやけに活発と思ったらドジョウをもらって追いかけていました。
コアラの赤ちゃんも元気、チンパンジーの双子も遊びまわっていました。
 
 
東山植物園のバラ園、隣にツシマヤマネコ舎があります。
昨日、モニターでメスを初めて見ました。
ぐるぐる元気に駆け回っていたメスは新しく来たモモちゃんですが妊娠はなかったようです。
モニターでしか見られません。
今はそんなに大事にしていても子供はなかなか育ちません。
すごくかわいいのに昨年も生まれた手で死んでしまいました(´;ω;`)
 
 
ななみちゃんかな?
 
 
 
 

コアラの赤ちゃん、狸団子、バクの誕生日(2.17)

  • twitterでつぶやく

 

 
前会UPしたバクの名前はヒサ君でした。
2月15日の東山動物園です。
 
 
 
ホリーの赤ちゃん
この子が袋から出ているのは初めて見ました。
まだ名前はありません。昨年7月生まれ、東山で赤ちゃん認識は3頭目
早朝なのに飼育員さん登場で動いてくれたコアラさんたち。ユーカリも食べました。
 
 
 
 
この赤ちゃん、ママの背中に登ろうとしたのでホリーさんは
気を使って待っています。
でもうまく登れず、赤ちゃんはまた袋の中に入ってしまいました。
 
 
冬限定東山名物狸団子
 
 
この子は孤立かな。
 
木に登っても何も言いことなく、降りるのも一苦労、ドスンと落ちて心配しました。
 
狸や動物園に詳しい男性が色々教えてくださいました。
男性には珍しい。
 
一人で動物園に来るおなじみさんがわかるようになり挨拶、情報交換できます。