riboni5235’s diary

英国庭園、ミュージカルファン、親子・ペアのアメショー3匹と暮らしています.バラ栽培アンティークも大好きです。よろしくお願いします!

コアラの食事前と食事中

  • twitterでつぶやく

  • 0

 

イメージ 1
 

ユーカリ取り替える前のコアラ、
寝てる時も平和的で可愛い
 
イメージ 2
 
後ろ姿も、持って帰りたいと言う若い女性。
 
凄くお金掛かるんですよね。1年で5千万だったか。
人間のため絶滅に追い込まれてます。
 
新鮮で無農薬の何種類ものユーカリが必要。
栄養価少ない、毒もあるユーカリのため睡眠が20時間ぐらい必要なコアラ
 
イメージ 3
 
一生懸命な感じが可愛い、かゆいのか結構体のあちこちを
ボリボリかきます。
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6
 
木から下りたコアラ
 
 
 
ユーカリかえる時間となりました。
 
 
動きます、木から木へ飛び移ります
そのたびに歓声が上がります。
 
 
 
イメージ 10
 
ツメは鋭い
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
イメージ 13
 
 
 
こまちとリン?

東山の動物たちは動物園の方針なのか皆綺麗で怪我をしているのも見かけません。


多摩動物園のライオンの動画を見たら、(昨年実際に見た時は気が付きませんでしたが)尾が短いメスライオンや顔が変形してるようなオスライオンがいます。
野生のライオンでもそこまでの写真を見たことが有りません。


大阪のジャガーの双子の1頭の尾は小さい時に事故で亡くなってしまったようですが。

 

木のぼりマレーグマやメガネザル、エゾヒグマ

  • twitterでつぶやく

  • 0

 

イメージ 7
 
 
 
 
イメージ 1
 
クマ舎はトラの近くなのに、撮影しにくいのでスル―ばかりでした。
しわしわ頭のマレーグマ ←ひろ様のブログ
運動場の上からだと顔がよく見えないし、下のガラス越しだと、ガラスが汚れているので、なかなかクリアに撮れません。
 
8月1日泳いでるのを撮影出来ました。↓
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
葉っぱをむしゃむしゃ
イメージ 3
 
クマの中で一番小さいマレーグマ
 
コアラ観て、またトラ舎に行く途中寄ったら木のぼりしてました、ラッキー
 
現在3頭のマレ―グマがいます。
 
普段はトラ舎から下のユキヒョウや、マヌルネコ、古代池の方に降りてしまいます。
 
イメージ 5
 
てっぺんにいます~毛並み綺麗~
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
爪が使いやすいように曲がってるの?メガネグマ
イメージ 10
 
 
イメージ 11
 
 
どこかのトラがプールにお尻から入ってましたがクマも?
 
イメージ 12
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
イメージ 15
 
臭いかいでるの?
 

ルナママがサンパパに突撃!

  •  

  •  

 

 トラはなんて立派なのでしょう、ほれぼれ
15日に、このダマイ嬢を東山から来た時から見ていると言うおじさまをキリン舎で見かけましたがダマイの前にいらしゃらなかったからダマイはほとんど室内で寝ていました。残念。いないからダマイはほとんど室内で寝ていました。残念。
プールで泳いでるのが見たい。泳ぐほど広くないけど。
ダマイと初めて会った頃はドキドキして坂を登ったものです(笑)
年配男性が来ると目の色が変わるダマイ
ダマイのママは5頭ぐらい産んでいますが。
 
 
息子と交替し先に出てきたサン、ルナの方を見ます
 
 
ルナ・サン、からまない時もあるそうですが、私が見た時はいつもルナがアタックしています3回ほど。
 
同居に変えてくれた飼育員さん、ありがとうございます
そのために最近サンはパイプカット受けたのですね。
 
双子の子供たちは甲状腺の病気だったし増やせませんね。
 
 
サンにつかみかかるルナ、声もしていたような。
子供たちはライオン見ると「ガオーガオー」といいます。
ワオチューブから出てきた人たちはこちらの方が檻がないからいいとい言います。橋をかけても生身のライオンがいい
ガラスでも光って上手く見えないと気が有りますから。
 
 
暴れん坊将軍ルナママ(笑)
 
 
最近はこれが見たくて行ってますwww
 
 
ちょっと雨が降っていました。
 
 
ルナは息子のソラが座っていた雨のかからない岩場へ。
 
 
良い感じなのに、この2頭、スリスリしないのね、
いつかはそんなシーンも見られるのでしょうか。
 
イメージ 10
 
 

ゾウの○○に遭遇+戦争の狂気・動物の供出!

昨日は曇りでちょっと涼しかったので動物園へ、
今年はナイトズ―までいませんでした。
 
いつも11時半に交替するライオンたち、ソラ坊ちゃんが11時半になっても動かないので変だと思ったらナイトズーのため残業
交代時間は午後二時でした、サンとルナは夜まで。
動物たちには負担が大きいでしょう。
残業手当は出るでしょうね。
 
 
 
 
これまでにない?ライオンママ、ルナの激しい頭突き?
サンとルナのからみを見たから帰ろうとゾウジアムまで来たら、
飼育員さんたちが5人も、何事か
 
イメージ 2
 
 
 
 
奥の方でゾウ2頭が行ったり来たり
飼育員さんは左の方に3人、ゾウの奥にも扉半分閉めた飼育員さんが一人見ていました。
この緑Tシャツの方がメインなのでしょうか。
あいにく大きな柵で見にくいのですが。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
あっと言う間に終わりました。
東山には5歳になるゾウのさくらちゃんがいます。
貴重な繁殖でした。ママとプールに入ってるのを見ました。
又赤ちゃん誕生目指しているのでしょうか。
 
 
イメージ 8
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
小さなバナナでしょうか。
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
朝通り掛かった時はまだゾウが出てなくて飼育員がタモ持ってきてプールのお掃除開始でした。
その後にメスのゾウ(さくらのママ?)がプールに入ったのでしょう。体が濡れているので黒っぽく見えます。
 
イメージ 14
 
猫が異常に大きい(笑)
 
 
和歌山で又パンダが生まれたそうですが小さいので予断を許さないとか。
 

パンダの赤ちゃん誕生 体調安定せず保育器へ 和歌山・アドベンチャーワールド

8/15(水) 12:49配信
産経新聞
 国内最多の5頭のジャイアントパンダを飼育している和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は15日、「良浜(ラウヒン)」(17歳)が雌の赤ちゃん1頭を出産したと発表した。同施設でパンダの赤ちゃんが誕生したのは約2年ぶり。

【写真で見る】 とても小さい…生まれたばかりのパンダの赤ちゃん

 同施設によると、赤ちゃんは14日午後10時32分に生まれた。全長15・5センチ、体重75グラムと小さく、自力で母乳を吸うことができないことなどから保育器に移され、スタッフが見守っている。

 良浜は、雄の「永明(エイメイ)」(25歳)との間に平成26年12月、双子の「桜浜(オウヒン)」「桃浜(トウヒン)」(いずれも雌、3歳)や28年9月に雌の「結浜(ユイヒン)」(1歳)など5回の出産を経験。計8頭の赤ちゃんを産んでおり、今回で9頭目

 一方、人間でいえば70代後半という永明は、梅梅(メイメイ)(平成20年死亡)との間に生まれた6頭と合わせてこれで15頭の父親に。飼育下で自然交配し、繁殖に成功した世界最高齢の雄という自らの記録を更新した。
 
 
ひろ様の記事 戦争で愛犬を供出させられた人の実話が新聞に載りました。
 
昔犬猫の供出ドラマを見ました。戦争では猛獣の射殺、飢え死になど酷い話ばかりです、戦争は人間を狂人にかえます、少数の戦争反対者も非国民と残酷に弾圧します。
 
有名な沢村投手が歴史番組に登場、
試合中に召集令状が来ました、家に帰りなさいとアナウンスが有ると観客が大拍手、これが恐ろしい

 

東山のライオン一家と横浜のリカオン

 
ルナと同居していない時の東山動物園のサン
 

www.youtube.com

普段は仔ライオンにも優しく穏やかなライオンの東山動物園のサンですが時々飼育員さんに挑戦的な態度を見せます。

遊んでるだけ?

 
イメージ 2
 
 
恐妻家
 
あ、ルナが堀をのぞいていたのは何か生物がいたのかも。
 
ザリガニやオタマジャクシは観ましたがカワセミまでいるそうです。
 
イメージ 3
 
過去画像、望遠レンズでないので。
ルナがサンにちょっかい出した
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 10
 
 
ワオチューブから。土・日・夜ナイトズーは行列になります。
8月7日はガラガラでした。
 
爪とぎするルナ
ブイやタイヤでよく遊ぶらしいルナ、
サンは何とこの小さなタイヤが怖い
 
 
 
 
イメージ 9
 

なぜ臭いを嗅ぎたいの?

マーキングの確認
猫が飼い主さんに頭突きしたり、体をスリスリしたりするのは自分の臭い(フェロモン)を付けるのが主な理由です。
自分の縄張り内にマーキングし、臭いを嗅いで確認するのが猫の習性です。オス猫が反応するもうひとつのフェロモンは、尿の臭い成分です。
 
 
 
 
 
 
 
サンは飛行機を見るのが好きだそうです。
イメージ 14
 
 
 
ソラ坊ちゃん、肉球がすれたように赤くなっていて外では歩きにくいそうです、私は気が付きませんでした
 
シンガポールで初めて?観たリカオン、とても綺麗な毛皮なのです。
タフィーは食欲なくなり…姉妹とも仲良しの写真あります。
ママには育ててもらえなくて飼育員さんが世話しました。
 
 

カッコいい女性たち「ドリーム」

www.youtube.com

 

イメージ 1
 
黒塗りの書類に日本政府を思い出します。
 
スカートの丈やネックレスも真珠以外駄目!
本の学校か?
その頃真珠は高価でした。
 
評判高かったのに見逃していた映画、
WOWOWで鑑賞出来ました。
 
人種差別と男女差別、二重の差別
 
キャサリンの才能を認めた上司は人種別のトイレのプレートを叩き壊す。
 
キャサリンは800mも離れたトイレに
行かねばならなかった。
 
脚立に登って数式を書くキャサリン
 
実際には管理職なのに待遇は…
 
仕事のためには黒人を拒否していた
高校に入らなければならなかった女性
 
最後にはキャサリンにコーヒー運んできた
のはそれまで勝手に対立していたポール
 
キャサリンの功績に対し
計算施設に彼女の名が冠された。
 
実際の女性たちの知的なお顔
 
女性の地位向上に尽くした。
 
 
共演
 
 
1962年に米国人として初めて地球周回軌道を飛行した宇宙飛行士ジョン・グレンの功績を影で支えた、NASAの3人の黒人系女性スタッフ、キャサリン・ジョンソン、ドロシー・ボーン、メアリー・ジャクソンの知られざる物語を描いたドラマ。ソ連とアメリカの宇宙開発競争が繰り広げられていた61年、米バージニア州ハンプトンにあるNASAのラングレー研究所に、ロケットの打ち上げに必要不可欠な計算を行う黒人女性グループがいた。なかでも天才的な数学の才能をもつキャサリンは、宇宙特別研究本部の計算係に抜てきされるが、白人男性ばかりのオフィス環境は、キャサリンにとって決して心地よいものではなかった。一方、ドロシーとメアリーもそれぞれ、黒人であるというだけで理不尽な境遇に立たされるが、それでも3人はひたむきに夢を追い続け、やがてNASAの歴史的な偉業に携わることとなる。キャサリン役で「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のタラジ・P・ヘンソンが主演し、ドロシー役を「ヘルプ 心がつなぐストーリー」のオクタビア・スペンサー、メアリー役を「ムーンライト」などにも出演している歌手のジャネール・モネイが演じた。監督は「ヴィンセントが教えてくれたこと」のセオドア・メルフィ。ミュージシャンのファレル・ウィリアムスが製作と音楽を担当。
 

誇り高くチャーミングなヒロインたちが差別と闘う、痛快エンターテイメント

あの名作「ライトスタッフ」で描かれた、アメリカ宇宙開発史に残るマーキュリー計画には、知られざるヒーローたちがいた。驚くべきことにそのヒーローたちは女性で、しかも有色人種だった! これは、埋もれていたアメリカの歴史秘話をベースにした全米大ヒット映画。教育的な価値も評価されているが、堅苦しい偉人伝とは違う。「胸のすく思い」をこれでもかと味わわせてくれる、非常によくできたエンターテイメントなのだ。
ソ連との宇宙開発競争に火がついた1960年代の初頭。バージニア州にあるNASAの研究所では、ずば抜けた数学的才能をもつ3人の黒人女性が働いていた。しかし南部では、人種分離政策がまかり通っていた時代。計算係(当時はこの役職の人がコンピューターと呼ばれていた)のキャサリンも、管理職の仕事をこなすドロシーも、エンジニア志望のメアリーもその真価を認められず、仕事の妨害を受ける毎日。しかし、彼女たちは屈せずに闘う。どう闘うのかといえば、理不尽な状況に耐え、ただ“ライトスタッフ”(真にふさわしい資質)を行使することで周囲の心を、社会を動かすのである。

 

コアラの赤ちゃん誕生の瞬間+走るコアラ、叫ぶコアラ+サスカッチさんとクレメンツ、こまち、リン

www.youtube.com

昨年はナイトズーに行ったのですが今年はあまりの暑さとサイが早く寝室に帰りたいと扉ドンドンしていて可哀想になりいっていません。
ひろ様によるとライオン見るのに長蛇の列15分かかると。
イメージ 1
 
8月7日のサスカッチさん、大丈夫でしょうか。
この日はまだ曇っていて気温は低めでした、35度ぐらい?
 
 
 
 
 
先回のコアラの続きです。
多分子供のこまちとリンです。
こまちは目が大きいので左かな
イメージ 4
 
子供同士会話
今日行かれた方は雷や大雨で難儀されたのではないでしょうか。
エアコン消したら室内は30度。
 
毎日エアコンつけても28度、玄関などは40度こえているのでしょう、猫も行きません。
イメージ 5
 
この目は仙人のクレメンツさんかな。
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
コアラの睡眠時間は22時間
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
2016年12月02日(金)動物園HPより
  • 本園の動物たち
  • コアラ
今年は4年に1度のオリンピックがありましたコアラ舎にとっては、今年は4年に1度の止まり木の入れ替えという、一大工事がある年になります。

止まり木に使っている木は、アベマキやコナラの木です。4年もたつと、樹皮が剥がれたり、割れたりしてくるので、全部取り替えます。

その間コアラたちはバックヤードなどに収容するのですが、不安になるのか、えさであるユーカリも半分以下しか食べず、ほとんど動こうとしませんでした

慣れるまでに3日かかりました。その時には、また、展示場に戻る事になったのですが…。

展示場に戻ってからも、慣れるまでには時間がかかると思います。まだあまり動く姿を見ることができないかもしれませんが、新しい木も気に入ってくれると思うので、楽しみにしていてください。

ぜひ、リニューアルしたコアラ舎を見に来てください!